ブリヂストンと横浜ゴム 九州豪雨 被災地を支援 – 自動車タイヤ新聞

Home » 02組織・コーポレートガバナンス » ブリヂストンと横浜ゴム 九州豪雨 被災地を支援 – 自動車タイヤ新聞
02組織・コーポレートガバナンス, NPO/NGO コメントはまだありません



 ブリヂストンは、7月上旬に発生した九州北部の豪雨による被災者へ支援するため、1500万円を寄付すると7月25日に発表した。福岡県朝倉市に1000万円、日本赤十字社に500万円を寄付する。

 7月5日から6日にかけて、福岡県と大分県を中心とした記録的な豪雨の影響で、土砂災害や河川の氾濫が発生して甚大な災害をもたらした。同社は福岡県に久留米工場(久留米市)と甘木工場(朝倉市)、北九州工場(北九州市)の3拠点を構えている。

 横浜ゴムは同社と従業員による社会貢献基金「YOKOHAMAまごころ基金」として日本赤十字社を通じて義援金100万円を寄付した。

 2016年5月に設立した同基金は、寄付を希望する従業員が会員となり給与から毎月1口100円を天引きして積み立てる制度。集まった資金を環境保全や人権擁護などに取り組むNPOやNGOなどへの資金援助や重大な災害への義援金として拠出することを目的としている。






コメントを残す