株価45倍上昇の中国企業、公開基準満たさずナスダック市場から除外か – SankeiBiz

Home » 06財務・会計 » ABC/ABM » 株価45倍上昇の中国企業、公開基準満たさずナスダック市場から除外か – SankeiBiz
ABC/ABM, 財務諸表 コメントはまだありません



 中国で小規模企業への融資保証などを手掛けるウィンズ・ファイナンス・ホールディングス(穏盛金融)は、米株式市場ナスダックから除外される可能性が出てきた。ウィンズの株価は2015年の上場以降、最大4555%値上がりし、今年6月にも急騰。同社は株価が急上昇した理由は分からないとしており、ナスダックは同月、ウィンズ株の取引を停止していた。

 エンロン事件を契機に新設された公開会社会計監査委員会(PCAOB)によると、07~10年に米国市場で株式上場を果たした中国企業は200社を超えた。このうち財務諸表の虚偽表示などで50社が上場廃止になったのを受け、ナスダックは企業審査を強化している。

 ナスダックは「100株以上を保有する株主(まとめ買い保有者)が300人以上」という同取引所の株式公開基準をウィンズが満たしていないと指摘。同社はナスダックの決定を不服として意見表明の場を求める予定だ。

 ウィンズは16年にもナスダックからまとめ買い保有者基準を満たしていないと指摘され、上場廃止同然となったが、同社はナスダックの判断に抗議し、今年2月には上場を維持すると述べていた。(ブルームバーグ Lily Katz)






コメントを残す