WELQ復活ならず メディア事業の利益確保形態 – BLOGOS

Home » 07事業再・M&A » WELQ復活ならず メディア事業の利益確保形態 – BLOGOS
07事業再・M&A, ソーシング コメントはまだありません



DeNAがWELQの復活を諦めたようです。(DeNA 医療情報サイト「WELQ」の再開断念

>決算会見の席上、守安功社長が「このジャンル(医療健康関連)は難しい。(再開は)無理だ」と述べ、再開検討の対象外とすることを明言した。
>また、医師による監修などの質向上の仕組みを整えればコストがかかる。このため、医療健康分野ではメディア事業が成り立たないと判断したとみられる。

以前の記事で書いたメディアミートアップの会でも述べられていたのですが、メディア事業においてどのように利益を確保するのかの構造がいままだ確立されていないこともあるようです。 そしていい記事にするためには取材の費用がかかるということ、質向上のために「『クラウドソーシング』や一般投稿は活用しない」」となればどうしてもコストがかかり永続できないということが挙げられるようです。

ただ確かに間違ったもの、無断使用が多かったことは事実なのですが、個人的にはWELQの資料は患者さんたちの医療へのとっかりとしては悪くないんと思うんですけどね。

誰かに権利を売却しないかな。そうすると医療者が作ったものよりかなり患者目線のものが作れると思うのだけど。(日本うんこ学会関連は除きます)






コメントを残す