コースターにはねられ2人死傷=点検作業中の作業員-大分・別府 – 時事通信

Home » 02組織・コーポレートガバナンス » コースターにはねられ2人死傷=点検作業中の作業員-大分・別府 – 時事通信
02組織・コーポレートガバナンス, インサイダー取引 コメントはまだありません



 12日午後3時半ごろ、大分県別府市の遊園地「城島高原パーク」で、ジェットコースター「ジュピター」を点検中に男性作業員2人がはねられたと110番があった。大分県警別府署によると、1人は現場で死亡が確認され、もう1人もけがをして病院に搬送された。搬送された男性は意識はあるが、重傷という。

〔写真特集〕遊園地での悲劇

 別府署によると、死亡したのは施設のメンテナンスを委託されている同パークの関連会社従業員の大久保崇さん(44)=大分市中戸次=で、けがをしたのは同パーク従業員の男性(45)=別府市=。事故当時、ジェットコースターに人は乗っていなかったという。
 同パークによると、「ジュピター」は1992年に導入された「日本初の木製コースター」で、約6万本の木材で組み立てられている。(2017/08/12-23:34) 関連ニュース

【社会記事一覧へ】 【アクセスランキング】






コメントを残す