コースターの安全バー外れる=男性けが、ゴール手前で停止-岡山 – 時事通信

Home » 02組織・コーポレートガバナンス » コースターの安全バー外れる=男性けが、ゴール手前で停止-岡山 – 時事通信
02組織・コーポレートガバナンス, インサイダー取引 コメントはまだありません



 12日午後1時半ごろ、岡山県倉敷市下津井吹上の遊園地「鷲羽山ハイランド」で、走行中のジェットコースター「ウルトラツイスター」の安全バーが根元から外れ、乗っていた千葉県市川市の男性会社員(38)がコース脇のガードに接触し、背中に軽いやけどを負った。命に別条はないという。

コースターにはねられ2人死傷=点検作業中の作業員-大分・別府

 県警児島署によると、コースターのゴール前20~30メートルの地点で、男性の上半身を固定していたU字形の安全バーが外れてコース上に落下。異音に気づいた従業員が緊急停止させたが、男性は体勢を崩しコース脇のガードに接触した。
 コースターは3列6人乗りで事故当時5人が乗車していたが、他の安全バーに異常はなかった。同署や運営会社が詳しい原因を調べている。(2017/08/12-22:15) 関連ニュース

【社会記事一覧へ】 【アクセスランキング】






コメントを残す