SoundCloudに土壇場で救いの手――LjungはCEOから退く … – TechCrunch Japan

Home » 07事業再・M&A » SoundCloudに土壇場で救いの手――LjungはCEOから退く … – TechCrunch Japan
07事業再・M&A, 投資銀行 コメントはまだありません




ユーザー生成音楽のストリーミングサービス、SoundCloudは運営を継続するための資金調達ラウンド完了した。共同ファウンダーのAlex LjungはCEOを辞任するが会長には残る見込み。

新CEOにはVimeoの元CEO、Kerry Trainorが就任する。Mike WeissmanがCOOに就任し、SoundCloudの共同ファウンダーでCTOのEric Wahlforssは最高プロダクト責任者に留まる。ニューヨークの投資銀行、Raine Groupとシンガポールの国営ファンド、TemasekがシリーズFの資金調達に応じ、1億6950万ドルを出資した。

SoundCloudは先月、コスト削減のためとして社員の40%にあたる173人を突如解雇した。このときCEOのAlex Ljungは「運営資金が第4四半期の開始までしかない」と発表し、同社は瀬戸際状態にあることが明らかとなった。土壇場での資金調達に成功したことで、SoundCloudは新たな航海に出発する準備を整えるか、あるいは買収によって大企業の傘下という安全な港に停泊するか選ぶ余裕を得た。

SoundCloudは今回のラウンドについて会社評価額などの具体的な数値を明かすことを避けている。昨日(米国時間8/10)のAxiosの記事によれば、SoundCloudは投資前会社評価額1億5000万ドルで1億6950 万ドルのラウンドを実施したという。この会社評価額は前回のラウンドの会社評価額が7億ドルだったことからすると暴落といっていい。 今回のシリーズFでRaineとTemasekは清算の際の残余財産分配優先権(liquidation preference)を得たものとみられる。これは他の残余財産分配優先権すべてに優先し、シリーズEの投資家の優先権は40%減額された。他の投資家はこれで満足しているわけはないが、投資が紙くずになるよりはましだろう。

SoundCloudを崖っぷちから引き上げるのと引き換えにRaineは取締役会に2人分の席を得た。元音楽業界の弁護士でRaineのパートナーのFred Davis、同グループで音楽関係の投資を担当してきた副社長、Joe Puthenveetilの2人がRaineが取締役に就任する。

CEOから退くことになったのはLjungには不本意だろうが、取締役会の会長として会社の運営に関与を続けることができた。Ljungは「(この資金調達の成功は)SoundCloudが独立企業として力強く前進することを保証するものだ」と書いている。

SoundCloudでは、通年換算の売上高は1億ドルあるとしている。この売上高を確保できるのであれば、コストを低く抑えることで最終的にはブレークイーブンを達成できるかもしれない。そうなれば今回のような外部からの緊急投資に頼る必要はなくなる。

TechCrunchはSoundCloudの危機について先月報じた。【略】この報道を受けて、ファンやアーティストからSoundCloudを守ろうとする声が多数上がった。これはTwitterがビジネス上の理由からビデオサービスのVineを終了したときを思わせた。有名ミュージシャンのChance The Rapperは自らSoundCloudを援助する道を探った。Chanceや他の多くのインディーのミュージシャンはこのプラットフォームからデビューし名声を勝ち得ている。結局Vineとは異なり、SoundCloudは救われたわけだ。【略】

2011年にハリウッドのHollywood Hotelで開催された2011 TVサミットに参加したKerry Trainor。当時AOLのエンタテインメント担当上級副社長 (写真 Todd Williamson/WireImage)

Featured Image: TechCrunch

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+






コメントを残す