米通商法301条 – 時事通信

Home » 02組織・コーポレートガバナンス » 米通商法301条 – 時事通信
02組織・コーポレートガバナンス, インサイダー取引 コメントはまだありません



 米通商法301条 1974年に制定された米通商法の他国による「不公正な貿易慣行」への報復措置を定めた条項。通商代表部(USTR)が調査し、不当な輸出補助金やダンピング(不当廉売)などに当たると判断した場合、相手国と是正措置を協議する。解決しなければ一方的に高関税や輸入制限などの措置を講じることができる。
 一方的制裁を禁じた世界貿易機関(WTO)協定に反するとの批判もある。米国はWTOが発足した95年以降、301条調査に基づく制裁発動に極めて慎重な姿勢を取ってきた。(ワシントン時事)(2017/08/13-03:34) 関連ニュース

【米新大統領記事一覧へ】 【アクセスランキング】






コメントを残す