世界一目指す100歳たち=長寿の秘訣「笑顔と感謝」「温泉」 – 時事通信

Home » 02組織・コーポレートガバナンス » 世界一目指す100歳たち=長寿の秘訣「笑顔と感謝」「温泉」 – 時事通信
02組織・コーポレートガバナンス, インサイダー取引 コメントはまだありません



 100歳を超えても、元気なお年寄りは多い。
 広島県三次市の冨久正二さん(100)は、中高年者が競うマスターズ陸上競技の100~104歳の部で、60メートル走の日本記録保持者だ。97歳の時、病気知らずを買われ、マネジャーの整体師にスカウトされた。当初は2人だけの練習だったのが、活躍が話題となり、今では市内の公園で十数人が一緒に汗を流す。
 9年前に妻を亡くし、息子夫婦の近くで「独身生活」を送る。4時に起床し、仏前に供え物をするのが日課。健康の秘訣(ひけつ)は「生活のリズムを崩さないこと。少々のことで腹を立てず、ニコニコして常に感謝の心を持つこと」だと言う。
 現在は100メートル走1本に絞り、10月の全日本選手権に向け練習に励む。世界記録は米国人選手が持つ26秒99。冨久さんは2年前に27秒台をマークした。「世界記録に向け燃えております」と意気込む。
 男性最高齢の北海道足寄町、野中正造さん(112)は親の代から受け継ぐ温泉宿で家族と3人で暮らす。衰えは隠せないが、温泉が長寿の元。車いすで散歩したり新聞を読んだりと気ままに過ごしている。
 家族によると、野中さんは「甘え上手の生き方上手」といい、ケーキなどの甘い物好きでおちゃめな性格。世界最高齢だった113歳のイスラエル人男性が8月に亡くなった際、「じいちゃん、世界一かもよ」と伝えると「ゲハッ」と笑った。家族の女性は「けんかしながらも仲良く暮らしていきたい」と話している。 
 厚生労働省は最高齢の野中さんや、「地域で話題の高齢者」として自治体から推薦された冨久さんらをホームページで紹介している。(2017/09/15-12:28) 関連ニュース

【社会記事一覧へ】 【アクセスランキング】






コメントを残す