全トヨタ労連会長、18年春闘「基本はベア」=グループ内格差、是正へ – 時事通信

Home » 02組織・コーポレートガバナンス » 全トヨタ労連会長、18年春闘「基本はベア」=グループ内格差、是正へ – 時事通信
02組織・コーポレートガバナンス, インサイダー取引 コメントはまだありません



全トヨタ労働組合連合会の定期大会を前に、記者会見する佐々木龍也会長(右)=15日午後、名古屋市中区の日本特殊陶業市民会館

 グループの労働組合が加盟する全トヨタ労働組合連合会(315組合、33万9000人)は15日、名古屋市内で定期大会を開催した。大会に先立ち記者会見した佐々木龍也会長は2018年春闘の賃金要求について「物価上昇がない中では経営側も(対応が)難しい」と指摘しつつ、「基本はベースアップ(ベア)」と述べ、5年連続のベア要求を検討する意向を示した。
 佐々木会長は17年春闘を振り返り、「ここ数年の格差是正の取り組みが相当加速した」と高く評価。定期大会では18年春闘の要求方針に関し「グループ内格差の是正へさらに踏み込んでいきたい」と語った。(2017/09/15-15:58)

【経済記事一覧へ】 【アクセスランキング】






コメントを残す