外環道工事めぐり談合疑い=契約手続き中止-高速道路2社 – 時事通信

Home » 02組織・コーポレートガバナンス » 外環道工事めぐり談合疑い=契約手続き中止-高速道路2社 – 時事通信
02組織・コーポレートガバナンス, インサイダー取引 コメントはまだありません



 東日本、中日本の高速道路2社は15日までに、東京外郭環状道路(外環道)の工事をめぐり、業者による談合の疑いが払拭(ふっしょく)できないとして、契約手続きを中止していたことを明らかにした。両社は公正取引委員会と警察庁に調査結果を通知。今後は公取委などが詳しい経緯を調べるとみられる。
 外環道は、都心から約15キロの圏域を環状に結ぶ計画の約85キロの高速道路。練馬-世田谷間の約16キロは地下トンネルを設ける方式で建設が進められている。(2017/09/15-11:46) 関連ニュース

【経済記事一覧へ】 【アクセスランキング】






コメントを残す