河野外相、ミサイル情報めぐり「迷走」=当初、ICBMの可能性に言及 – 時事通信

Home » 02組織・コーポレートガバナンス » 河野外相、ミサイル情報めぐり「迷走」=当初、ICBMの可能性に言及 – 時事通信
02組織・コーポレートガバナンス, インサイダー取引 コメントはまだありません



 北朝鮮が15日に発射した弾道ミサイルの種類をめぐり、河野太郎外相が大陸間弾道ミサイル(ICBM)の可能性に言及したところ、即座に菅義偉官房長官らに打ち消され、その後に発言を事実上撤回した。推測に基づいて発言したとみられ、一人で迷走した格好だ。

〔写真特集〕北朝鮮の軍事力~知られざる実力~

 河野氏は1回目の国家安全保障会議(NSC)の終了後、外務省で記者団に「射程が長いからICBMだと思う」と発言した。これに対し菅氏は記者会見で「必ずしもそうではない」と否定。小野寺五典防衛相は中距離弾道ミサイルの可能性を指摘した。
 これを受けて、再び記者団から問われた河野氏は「防衛省で分析中だ」と述べるにとどめ、当初の発言をトーンダウンさせた。(2017/09/15-11:39)

【特集・北朝鮮の今記事一覧へ】 【アクセスランキング】






コメントを残す