失敗続きでも、クラウドファンディングのプロジェクトを支援し続けるべき理由 – WIRED.jp

Home » 11パブリック・マネジメント » 失敗続きでも、クラウドファンディングのプロジェクトを支援し続けるべき理由 – WIRED.jp
11パブリック・マネジメント, 市場化テスト コメントはまだありません



クラウドファンディングでプロジェクトを支援しても、商品が届かずお金だけを失うことも多い今日この頃。それでもなお、支援をし続けるべき理由は何か? 過去3回Kickstarterで資金を調達してきたハードウェアメーカーMomentの共同創業者が語る、「資金を受け取る側」から見たクラウドファンディングのあり方。

TEXT BY MARC BARROS

TRANSLATION BY MINORI YAGURA/GALILEO

WIRED(US)

idea-and-money

IMAGE: GETTY IMAGES

2017年にクラウドファンディングのプロジェクトを支援するのは、最悪の考えである。購入を約束する製品を受け取るよりも、金を失う可能性の方が高いからだ。

1,320万ドルを調達した「Coolest Cooler」を覚えているだろうか。あれは支援者に出荷される前に、Amazonで販売されていた。Lily Cameraの自撮り用ドローンは、クラウドファンディングで3,400万ドルを調達し、1,000万ドルの出資をヴェンチャーキャピタルから得ても、出荷されなかった。ウェアラブル企業のPebbleは「Kickstarter」で4,300万ドル、外部資本で1,000万ドルを集めても、結局生き残れなかった。これらはすべて、「負け組」の話だ。

わたしはこれまでにプロジェクトを3回立ち上げたので、なぜ支援者がうんざりしつつあるのかについてはよく理解できる。素晴らしい製品だとうたっていても、大失敗する例があるからだ。

金がないと投資が受けられない

残念ながら、誰もが製品を提供できるわけではない。新しいハードウェア製品を製造するのは実に困難だ。

約束した製品を設計するところまではできると仮定しよう。設計はできても、製造しなければならない。製造には、設計上の難しい問題だけでなく、資金の問題もつきまとう。野心的なプロジェクトであればあるほど、資金の問題が大きくなる。

製造には、大きく分けて2段階がある。第1段階は試作段階だ。エンジニアリングの見直しやテスト、認証取得、生産設備の据え付け、デモ用モデルの製造などを行う。

これらの費用は前払いなので、最初の製品が出荷される何カ月も前に負担しなければならない。さらに少量生産であるため、こうした費用を抑えることはできない。費用は、製品の複雑さによって決まる。たとえば「iPhone」のバッテリーケースなら、この試作段階だけで約20万ドルの費用がかかる。

実際に生産を行う第2段階では、多くの在庫を揃える必要がある。部品や労賃、物流管理に関する支払い条件は通常、50パーセントが即金で、50パーセントが引き換え払いとなる。最低発注量で考えると(数千単位が多い)、25ドルの製品5,000個の場合、さらに12万5,000ドルの費用がかかる。

費用はすぐに累積されていくが、それだけの現金が手元にある者はほとんどいない。プロジェクトを立ち上げる場合、たいていはクラウドファンディングが唯一の資金源となる。

顧客以外の誰かが新製品の製造費用を出してくれるはずだと考えるかもしれないが、それにはもっと困難な道のりが待っている。製品製造に必要なヴェンチャー資金を調達するには、実績や衝撃的なデモ、大きな市場牽引力が必要だ。金がないと、そうしたものはどれも手に入らない。

エンジェル投資家は、新しいアイデアの設計資金は提供しても、製造資金までは出してくれない。返済を保証するのに十分な財務状態であれば、銀行は融資してくれる。ただしそれも、金がなければ融資してもらえない。これでパターンがわかっただろう。資金を調達するには、資金が必要なのだ。

クラウドファンディングという「保証」

新しいアイデアを製品化する資金を本当に提供してくれるのは、顧客だ。わたしの会社Momentは、Kickstarterで3つ目のプロジェクトの資金を調達したばかりだ。

途中で、エンジェル投資家からも資金を調達し、ヴェンチャー資金も少々集めた。ここで読者はこう言うかもしれない。それだけのことをしても、企業はまだクラウドファンディングが必要なのか?

そのとおりだ。実際のところ、かつてないほどクラウドファンディングが必要だ。たとえば、われわれの「Moment 2.0」プロジェクトは、スマートフォンケースとスマートフォン用の交換可能なレンズシステムを扱っていた。6種類のデヴァイス向けに3つの新製品を用意しなければならなかった。

こうしたハードウェアすべての試作費用は50万ドルで、在庫を揃えるまでにそれだけの費用が発生した。クラウドファンディングを行わなければ、そうした製品を市販する資金が足りなかっただろう。

また、従来の投資資金を集めるだけで、クラウドファンディングを行わないとすれば、顧客の需要を読み間違えるリスクがあった。クラウドファンディングを行って成功すれば、これは人々が金を出すアイデアであり、高い製造費用を十分まかなえるだけ販売ができるとわかる。会社の規模が小さいので、われわれにはクラウドファンディングによるそうした保証が必要なのだ。

目についたすべてのプロジェクトを支援すべきだと言っているのではない。その逆だ。その企業が製品を提供できるか疑ってかかり、支援する価値があると本当に思えるプロジェクトだけを選ぶべきだ。

だが最終的には、クラウドファンディングのプロジェクトに賭け続けるべきだ。消費者にとってギャンブルであっても、クラウドファンディングは、少数の人々がハードウェアに関するアイデアをもとにして会社を存続させることができる、唯一の方法だからだ。






コメントを残す