防衛大1期生が明かす「吉田茂が語った自衛隊論」 – ニフティニュース

Home » 04研究開発・生産・物流 » 防衛大1期生が明かす「吉田茂が語った自衛隊論」 – ニフティニュース
04研究開発・生産・物流, 三現主義 コメントはまだありません



 北朝鮮による威嚇により、この国の防衛体制にあらためて注目が集まっている。国民の生命と財産を守る最前線に立つのが自衛官であり、将来の幹部自衛官を教育・訓練するのが神奈川県横須賀市にある防衛大学校だ。コミックス『あおざくら』の巻末インタビューに答えた“防衛大学校1期生”で元防大教授でもある平間洋一氏が、「吉田茂が60年前に語っていた自衛隊論」を明かした。

 * * *
 防衛大学校は、昭和27年に保安大学校(昭和29年に防衛大学校に改名)として設置されました。私は昭和28年4月1日に入校した本科第1期生です。

 初年度の入試倍率は、私の記憶では32倍という狭き門でした。ただし、最初に明白にしておきたいのですが、私はエリートでもなんでもなく、ギリギリの成績で合格し卒業した、エリートどころかデリートです(笑)。

 異端児の多かった1期生ですが、保安大を志望した理由は様々でした。父親が旧日本軍の高官の子息も2~3割はいたでしょうか。戦後、満州や朝鮮で苦労し、着の身着のまま命からがら日本に辿り着いた引揚者も15~16人いたと思います。彼らは「敗戦後の日本に軍隊がなかったから、我々はこれほど苦労したのだ。だから新しい軍隊を作ろう」という意欲を持っていました。また、食うにも困る程貧しく、学費が無料だということで志望した学生もいました。

 私といえば、父は海軍でしたが、父の助言で保安大を志望したわけではありません。そもそも私自身は左翼学生でした。大学受験の際、「外交官として国のために尽くしたい」と東京大学を受験するも不合格。高校の恩師に進路を相談すると、「駐在武官という職業がある。保安大がいいのでは?」と勧められたのが志望動機です。

 受験は筆記試験と面接、身体検査がありました。身体検査では肺病の検査をするため、当時は貴重だったレントゲン撮影がありました。今ならなんてことはないことですが、ペニシリンですらお金持ちが闇でようやく手に入れていた時代です。レントゲン撮影ができる一般市民など、ほとんどいませんでした。跳ねっ返りで気の強かった私は、面接で志望動機を聞かれ、「レントゲンを撮ってくれるというので志望しました!」と答え、面接官にムッとされたのを覚えています。

 卒業してだいぶ経ってから当時の教官のひとりから聞いたことがあります。その教官は、「25点以下が落第で、お前は25点だったが、もしかしたら大物になるかもしれないと思い、俺が1点足して26点にしたんだ」と言うのです。つまり私は、謙遜でもなんでもなく、本当にギリギリの成績で保安大学校に合格したわけです(笑)。

◆“オヤジ”こと吉田茂の遺訓

 多士済々、もしくは玉石混合の1期生でしたが、誰もが「新しい自衛隊は、我々が作るんだ」という自覚を非常に強く持っていました。旧軍の教官が「昔はだなあ」などと話し出すと、我々は「敗軍の将、兵を語らず」などと言い返しこともあったほどです。教官たちは、さぞやりにくかったことでしょう。もちろん、今考えれば教官たちのほとんどが、立派な人たちでした。よく私たちの暴言に耐えておられた。申し訳なかったなと、今になって思います。

 では、なぜ1期生が「新しい自衛隊は、我々が作るんだ」と強く思っていたかといえば、やはり当時の総理大臣、吉田茂が「新しい軍隊は君たちで作るんだ」と訓示していたからに他なりません。

 総理大臣が防衛大の卒業式に来校し訓示を行うことが恒例となっていますが、1期生の我々は4年間の在学中に3度も訓示を受けています。ある時は、「時間が取れたから」と突然来校し、学生食堂で学生と同じテーブルで総理は食事を摂りました。その際、槇(智雄)校長が、「本校創設には種々のご指導とご助言を与えられた、いわば本校の生みの親とも申すべきお方」と紹介すると、吉田茂は「もし私が生みの親ならば、君たちは不肖の息子になることなかれ」とジョークで場を盛り上げて話し出したのです。「君たちに期待する。民主主義の新しい軍隊を作ってもらいたい」と。以来、私たちは吉田茂を“オヤジさん”と呼ぶようになりました。

 私には、今でも忘れられない吉田茂の言葉があります。

 一期生の卒業アルバムの編集長だった私は、無理を承知で槇校長に「吉田茂の写真をアルバムに掲載したい」とお願いしたのです。すると吉田茂は快諾し、さらに「どんな学生ができたか直接話がしたいので、是非とも学生をよこすように」と、私を含めた3人の代表が大磯の吉田邸を訪問することになったのです。

 卒業を目前に控えた昭和32年の2月初旬、屋敷を訪問すると待つこと数分、現れた吉田茂は上機嫌で慈愛に溢れた目で我々を眺め、笑顔を向けてくださいました。私が「写真を撮らせてください」とお願いすると、「君たちが撮るものより良いものを送るから」とのこと。その後は、会話というより吉田茂の一方的なお話しだったように思います。その間に何人も来客があったのですが、「今、学生さんたちと話している。待たせておけ」と秘書の方に伝えていました。来客者の中には、総理大臣だった、鳩山一郎もいたようです。

 2時間ほど話した後に、「腹を空かして帰すわけにはいかない」と、ご自身がいつも利用する寿司屋で大阪寿司を取ってくれました。そして帰り際、「失礼します」と私が代表して頭を下げると、吉田茂はおもむろにこう語り出したのです。

「君たちは自衛官在職中、決して国民から感謝されたり、歓迎されることもなく自衛隊を終えるかもしれない。ご苦労なことだと思う。しかし、自衛隊が国民から歓迎され、ちやほやされる事態とは、外国から攻撃されて国家存亡の危機の時か、災害派遣の時とか、国民が困窮している時だけなのだ。

 言葉を変えれば、君たちが日蔭者である時の方が、国民や日本は幸せなのだ。一生御苦労なことだと思うが、国家のために忍び耐えてもらいたい。頑張ってくれ。君たちの双肩にかかっているんだ。しっかり頼むよ」

 ちょうど60年前、“オヤジ”こと吉田茂の遺訓ともいうべきこの言葉は、今も私の耳の奥にこだましています。

●ひらま・よういち/1933年、神奈川県生まれ。1953年に保安大学校(現・防衛大学校)入校。卒業後、護衛艦ちとせ艦長、第31護衛隊司令などを歴任し、1988年に海上自衛隊を退職。その後、防衛大学校教授などを務め、1999年に退官。著書に『イズムから見た日本の戦争』(錦正社)、『日英同盟』(角川ソフィア文庫)、共編著に『日英交流史1600-2000〈3〉軍事』(東京大学出版会)など多数。本インタビューは少年サンデーコミックス『あおざくら』4巻より。後編が現在発売中の同5巻に掲載されている。

※取材・文/水野光博






コメントを残す