森林浴で体験 ストレスに効く「4つのR」|ヘルスUP|NIKKEI STYLE – 日本経済新聞

Home » 05人事・人材開発 » 森林浴で体験 ストレスに効く「4つのR」|ヘルスUP|NIKKEI STYLE – 日本経済新聞
05人事・人材開発, ストレス・マネジメント コメントはまだありません



日経Gooday(グッデイ) カラダにいいこと、毎日プラス

 「健康経営の取り組みの一環として、メンタルヘルス対策のプログラムに森林浴や森林での保養を取り入れてみたいと考えている。森林浴にはリラックス効果があると聞くが、企業研修ではどのようなことが行われていて、どんな効果が期待できるのだろうか」。これは、IT関連企業人事部勤務のTさん(42歳)からの質問です。森林浴の効果などについて、帝京平成大学現代ライフ学部教授の渡部卓さんに伺いました。

◇  ◇  ◇

 従業員のメンタルヘルス対策のために企業が行う研修には様々なものがありますが、リラクゼーションを目的としたプログラムの中でも、私が特にお勧めしたいのが、「森林養生」を取り入れた研修です。具体的には、ガイドと共に森林を散策しながら五感を刺激し、呼吸法やヨガなどのリラクゼーションを体験するフィールド活動に、座学やディスカッションを組み合わせ、ストレス緩和やメンバー間のコミュニケーションの活性化を図る研修です。

 私はストレスマネジメントに有効な方法として、「4つのR」を提唱しています(「休みベタな管理職ほどしっかり休む ヒントは4つのR」参照)。4つのRとは「リラクゼーション(Relaxation)」「レスト(Rest)」「レクリエーション(Recreation)」「リトリート(Retreat)」の頭文字をとったもので、森林養生ではこの4つのRすべてを組み合わせて、体験することが可能なのです。

■森林浴は「Shinrin-yoku」として米国でも注目

 森林や緑の多い場所を散策する「森林浴」という言葉は、皆さんもよくご存じだと思います。また、実際に森林浴で癒やされたり、安らぎを覚えたりしたことのある方もいらっしゃることでしょう。

 森林浴という言葉は、1982年に林野庁が「森林浴構想」を発表したのが始まりとされています。都市部で生活している方はあまり意識されないかもしれませんが、日本の国土の7割程度は森林が占めていて、世界でも有数の森林国と言えます。林野庁から提唱された森林浴は、そうした自然休養林などの国有林を整備、有効活用して、森林でのレクリエーションを楽しみながら、心身の健康づくりに役立てようとしたものです。

 この森林浴は近年、欧米でも注目され、米ワシントン・ポスト紙でも、カリフォルニア州などを中心に「Shinrin-yoku」(Forest bathing)として広まっていることが紹介されています。また、中国でも国を挙げて森林の整備、健康増進への活用の取り組みが進んでいます。

■癒やし効果を科学的に実証した「森林セラピー」

 森の癒やし効果は古くから感覚的、体験的に語られてきましたが、その効果を科学的に検証し、ストレスの緩和や心身の健康の維持・増進、病気予防などに生かすための取り組みとして誕生したのが「森林セラピー」[注1]です。

 森林セラピーでは、森林ウオーキングなどの運動を通じたフィットネス・プログラムや、森林の中で呼吸法やヨガなどを体験するリラクゼーション・プログラムが行われます。また、食事はその地域の食材を使ったヘルシーな郷土料理が楽しめたり、近隣の温泉が利用できたり、医師による健康相談が実施されたりすることもあります。

 森林セラピーの取り組みは2004年に、林野庁の支援のもとに産・官・学が連携し結成された、森林セラピー研究会(現NPO法人〔特定非営利活動法人〕森林セラピーソサエティ)などを中心にスタートしました。森林がもたらす癒やし効果の検証や、応用的な研究がなされ、都市部との比較実験なども実施。2006年には癒やし効果や病気の予防効果が科学的に認められ、かつ環境が一定水準で整備された森林地域を「森林セラピー基地」、散策路を「セラピーロード」[注1]と認定する制度も始まりました。

 森林セラピーを推進するNPO法人森林セラピーソサエティによれば、森林地域と都市部での検証結果を比較すると、森林地域ではストレス時に高まる交感神経の活動が抑えられ、「ストレスホルモン」と呼ばれる唾液中のコルチゾールの濃度が低下することが分かりました。また、森林浴を行うと、緊張感や疲労感が緩和されて活気が増し、血圧や脈拍数が低下するなど、心理的にも身体的にも、リラックスした状態になることも確認されました。さらに、2日間の森林浴では、がん細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞(NK細胞)が活性化し、主な抗がんたんぱく質が増加することも確認されています。

■自治体が保養地「クアオルト」を整備・活用する動きも

 自然療法が公的に認められているドイツでは、1800年代後半にセバスチャン・クナイプ神父によって確立された「クナイプ療法」が浸透していますが、クナイプ療法の柱の1つである運動療法にも、森林散策が取り入れられています。

[注1] 「森林セラピー」「セラピーロード」はNPO法人森林セラピーソサエティの登録商標






コメントを残す