「第5回イノベーションリーダーズサミット」に出展へ – NEDO 新エネルギー・産業技術総合開発機構 (プレスリリース)

Home » 07事業再・M&A » 「第5回イノベーションリーダーズサミット」に出展へ – NEDO 新エネルギー・産業技術総合開発機構 (プレスリリース)
07事業再・M&A, ベンチャーキャピタル コメントはまだありません



Press Release

―研究開発型ベンチャーのビジネス拡大へ繋がる機会を創出―

2017年10月13日


国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構

理事長 古川 一夫

NEDOは、10月23日から25日までの3日間、虎ノ門ヒルズで開催される「第5回イノベーションリーダーズサミット」に出展します。


本イベントでは、NEDOが支援を行っている研究開発型ベンチャーのうち、特に成果の目覚ましい企業について、ピッチイベントの開催や成果展示を行います。具体的には「NEDOドリームピッチ」や大手企業の役員等の限定入場エリアVIPパスラウンジを活用した「NEDO Executive Pitch」といったピッチイベントを開催するとともに、開発品の展示を行う「NEDOベンチャーショー」を併せて開催することで、研究開発型ベンチャーの事業拡大や新規事業開拓へ繋がるマッチングの機会を創出します。


さらに、経済産業省とオープンイノベーション・ベンチャー創造協議会(事務局:NEDO)の主催で、新規ユーザー開拓やネットワーク拡大を目指した「新事業創造カンファレンス」も開催します。


1.概要

NEDOは、10月23日から25日までの3日間、虎ノ門ヒルズで開催される「第5回イノベーションリーダーズサミット」に出展します。イノベーションリーダーズサミットは、日本の大企業事業開発責任者と主要ベンチャーキャピタル等が注目し推薦する次世代ベンチャー経営者が一堂に会し、業務提携、資本提携、M&Aなど革新的なビジネス創造の機会をつくることを目的とし、カンファレンスやピッチイベント、展示および商談会などを開催し、オープンイノベーションを加速するマッチングイベントです。

NEDOは本サミットのアドバイザリーボードに参画して、NEDO事業で支援した研究開発型ベンチャーを推薦し、大企業とのビジネスマッチングに向けた面談の機会を提供するとともに、「NEDOドリームピッチ」や大手企業の役員等の限定入場エリアVIPパスラウンジを活用した「NEDO Executive Pitch」といったピッチイベントの開催や、特設ブースで開発品の展示を行う「NEDOベンチャーショー」を開催し、研究開発型ベンチャーの事業拡大や新規事業開拓へ繋げます。

さらに、経済産業省とオープンイノベーション・ベンチャー創造協議会(事務局:NEDO)の主催で、「新事業創造カンファレンス」を開催し、NEDOのベンチャー支援事業の認知度向上、新規ユーザーの開拓、ネットワークの拡大などを図ります。

(参考)「第5回イノベーションリーダーズサミット」の開催概要

会期: 

2017年10月23日(月)~10月25日(水)

会場: 

虎ノ門ヒルズ

主催: 

イノベーションリーダーズサミット実行委員会

後援: 

経済産業省、NEDO、JETRO、中小企業基盤整備機構、日本政策金融公庫

2.ピッチイベントと展示物の概要

<NEDOドリームピッチ>

日時: 

2017年10月23日(月)~24日(火)

場所: 

虎ノ門ヒルズ4階ホールB1

内容: 

2日間で計31事業者が各20分で、各企業の研究開発成果と事業提携ニーズについて、大企業やベンチャーキャピタルなどの事業担当者に対しプレゼンテーションを行います。また、25日(水)17時40分~18時55分にはホールB内のVIPパスラウンジにて、大手企業の役員等の限定入場エリアVIPパスラウンジを活用した「NEDO Executive Pitch」を開催します。

<NEDOベンチャーショー>

日時: 

2017年10月23日(月)~24日(火)

場所: 

虎ノ門ヒルズ4階ホールBホワイエ

内容: 

本ベンチャーショーでは、「バイオ・医療」、「電子・情報」、「ロボット・福祉機器」、「新エネルギー」、「材料」等の分野における計31社の最新の開発品の成果を展示します。主な展示物の例としては以下の通りです。

図 人型重機

<企業名>株式会社人機一体


<概要>
人と機械とコンピュータの相乗効果による、直感的操作を可能にするとともに、強力かつ巧緻な作業と、頑健な不整地二足歩行を実現する世界初の全高4メートルクラス「人型重機」を開発しました。

図 3D VRによるライブラリ

<企業名>HoloEyes株式会社


<概要>
CTスキャンのデータからVRアプリを生成して、外科医に提供します。手術の手技の3Dの情報をVRで共有します。手術の手技を蓄積して3D VRによるライブラリを構築します。 医療現場から教育まで幅広く活用可能です。
 

図 片方の耳に装着するイヤフォン

<企業名>株式会社BONX

<概要>
片方の耳に装着するイヤフォンと独自のグループ通話アプリを組み合わせて使用する新しい音声コミュニケーションツールです。携帯電波の入るところであれば、お互いがどこにいても、まるで隣にいるかのように会話が可能になります。アウトドアスポーツやトランシーバーを使う仕事現場で活躍し、利用シーンはまさに無限大です。

図 IoTを活用したシステム

<企業名>ライフラボラトリ株式会社


<概要>
IoTを活用し、状態推定と屋内測位を組み合わせ、工場・物流の生産性改善、リテールの売上向上を行うシステムを販売しています。ハード、ソフトをワンストップで提供、パッケージ化することでコストを下げ他社比1/5の価格を実現しました。またAIに関する取組に着手、農業への適用を進めています。

3.「新事業創造カンファレンス」の概要

日時: 

2017年10月25日(水)10時30分~16時50分

場所: 

虎ノ門ヒルズ5階メインホール1

主催: 

経済産業省、オープンイノベーション・ベンチャー創造協議会(事務局:NEDO)

内容: 

以下の三部構成で、第一線で活躍する有識者による講演やパネルディスカッションを行います。
  • 【第一部】シリコンバレーの最新事情 ~イノベーションの動向と連携の留意点~
  • 【第二部】真のオープンイノベーションに向けて:大企業とベンチャーの連携が成功するために必要なこと
  • 【第三部】イノベーションのキーパーソン:「始動」と「未踏」2つの人材育成プロジェクト/政策紹介

4.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO イノベーション推進部 担当:梅村、西田、遠藤 TEL:044-520-5173

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:藤本、髙津佐、坂本 TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp







コメントを残す