インバウンドプロモーションのターゲット「とりあえず中国人」「ざっくり欧米圏」と決めていませんか?もっと検討し細かく設定しなければ効果は得られません。不特定多数では … – エキサイトニュース

Home » 03マーケティング » インバウンドプロモーションのターゲット「とりあえず中国人」「ざっくり欧米圏」と決めていませんか?もっと検討し細かく設定しなければ効果は得られません。不特定多数では … – エキサイトニュース
03マーケティング, エリア・マーケティング コメントはまだありません



皆様こんにちは!株式会社ビヨンド代表の道越(みちごえ)です。

最近、色々な地方自治体の観光担当の方とお話しするのですが、「海外の人を呼びたい」「中華圏の人が多く来ているから、ターゲットは中華圏」などという、ざっくりとしかターゲットが設定されていないで、プロモーションをしている自治体さんが多いように思います。また企業も、「とりあえず欧米がかっこいいから欧米圏で」とか、なんとなくでターゲットを決めている企業さんも多いです。

今日は、プロモーション時のターゲティングの設定の重要さ と、ターゲットに対してのピンポイントでのプロモーション について、お話ししたいと思います。

ターゲットをざっくり決めていませんか?より細かくターゲット設定するほど、プロモーション時の効果が高まる!わからない場合はテスト検証もおすすめ

さて、冒頭でもお話ししたように、皆さんは情報発信・プロモーションを始める前に、ターゲットをしっかりと決めていますか?今現在、無差別にターゲティングしているインバウンド需要も、FITの個人客が増えるに連れ、自治体も企業もカスタマイズに向けて独自のターゲットを設定し、ピンポイントで彼らに刺さるコンテンツを発信するプロモーションが必要な時期が来ている かと思います。

そんな中。ターゲットを決める際に、ざっくり国やエリアのみではなく、自分たちの商品やサービス・地域のコンテンツがどのような人に刺さるのか、またはどのような人に来て欲しいのか、をまず考えてみましょう。 わからない場合は、テスト検証をしてみる事もオススメです。

国内のマーケティングでもそうですが、インバウンドでもプロモーションを早く、費用対効果よく成功させるには、ターゲットをざっくりではなく、住んでいる地域から、年齢、趣味嗜好、人物像まで細かく想定してコンテンツを発信していくことが重要 です。

<ターゲット想定する際の項目>

  • 住んでいる国・都市・エリア
  • 年齢
  • 家族構成
  • 趣味嗜好
  • 経済レベルや職業など
  • 日本に来る目的
  • 行動パターン(よく海外旅行肉人か)
  • 日本へ来るのはリピーターか初めてか

ざっとこれくらいは挙げられます。あとは、自分たちの持っているコンテンツやサービスに合わせてターゲットを設定していきましょう。






コメントを残す