九州工業大学のプロジェクトにエアバス・ダイバーシティー・アワード – 共同通信PRワイヤー (プレスリリース)

Home » 05人事・人材開発 » 九州工業大学のプロジェクトにエアバス・ダイバーシティー・アワード – 共同通信PRワイヤー (プレスリリース)
05人事・人材開発, コミットメント コメントはまだありません



九州工業大学のプロジェクトにエアバス・ダイバーシティー・アワード

AsiaNet 70549 (1608)

【トゥールーズ(フランス)2017年10月13日PR Newswire=共同通信JBN】
*ユネスコ後援アワードの第5回受賞者をカナダのGEDC年次大会で発表

航空、宇宙、および関連サービスの世界的リーダー、エアバス(Airbus)とエンジニアリング教育の大手国際組織であるグローバル・エンジニアリング・ディーンズ・カウンシル(GEDC:Global Engineering Deans Council)は、2017年「GEDCエアバス・ダイバーシティー・アワード(GEDCAirbus Diversity Award)」(http://www.company.airbus.com/diversityaward )の受賞者を発表した。九州工業大学のBIRDS衛星開発プロジェクトが優勝し、カナダ・カルガリー大学工学部のDiscover Engineering Programme、オーストラリア・ニューサウスウェールズ大学のWomen in Engineering (WIE) Programmeが準優勝になった。

(Photo: http://mma.prnewswire.com/media/582413/GEDC_Airbus_diversity_award_2017_winner.jpg

今年5回目になるこの賞は、エアバスがGEDCと提携して開発、出資しており、今年はユネスコ(UNESCO)の後援を得た。あらゆるプロファイルと経歴の人々多数がエンジニアリングを学んで成功するよう促すプロジェクトに光を当てることが目的である。ビジネスの成功にとって多様性はますます顕著な基準になり、2017年に企業幹部の69%が多様性と包括性を重要問題とみている。2014年の59%から伸びた。

Airbus Commercial Aircraftの次期執行副社長(エンジニアリング担当)、エアバスDiversity and Inclusion Steering Boardのメンバーで、アワードの後援者でもあるジャンブリス・デュモン氏は「ダイバーシティーはわれわれの事業の基礎であり、成功継続に不可欠な部分である。ダイバーシティーは重要であるばかりか、エアバスDNAの一部でもある。われわれは業界で高水準のイノベーションを維持するために、あらゆるタイプのダイバーシティーを奨励し、可能なものにしなければならない。GEDCとのパートナーシップはこのコミットメントを示す一例である。われわれは協力して、たった今授賞されたような、世界の多様な次世代エンジニアを発展させる成功プロジェクトを選定している」と語った。

2017年GEDCエアバス・ダイバーシティー・アワード(http://www.company.airbus.com/diversityaward )を受賞したBIRDS衛星開発プロジェクトは途上国の大学院生に対し、費用効果の高い革新的なシステムエンジニアリングを利用して2年間の総合衛星プロジェクトの実施を訓練している。長期的目標は、彼らがそれぞれの母国で持続可能な宇宙プログラムを立ち上げる準備を整えることである。

九州工業大学のタイウォ・テジュモラ氏は、カナダ・ナイアガラフォールズのGEDC年次大会に集まった業界専門家の審査団、著名ゲスト、さらに国際的なエンジニアリング教育指導者200人を前にプロジェクトを説明した。ファイナリストの3プロジェクトは、研究の影響力、成果を保証する証拠、規模拡大の可能性に基づいて評価された。優勝プロジェクトには1万米ドル、準優勝は1500ドルが授与された。

授賞式でタイウォ氏は「九州工業大学のBIRDS衛星開発プロジェクトチームはこの表彰に感謝する。われわれの共同プログラムは、今日の世界的な市場で競合し、専門的な廃棄物最小化のシステムエンジニアリング・モデルを教え、中核的スキルを開発し、支え合う仲間のネットワークを構築する特別の機会を若いエンジニアに提供する。プロジェクトはまた、参加者がトレーニング・イニシアチブを母国に展開する持続的経路をつくり出し、エンジニアリングスキルの多様化とグローバル化に一層寄与する」と語った。

米国ノートルダム大学工学部マクロスキーディーンでGEDC議長のピーター・キルパトリック氏は「賞の基準の1つは、他機関・国でも成功裏に再現できるプロジェクトの将来性である。2017年ファイナリストの3プロジェクトは全てエンジニアリング研究を追求する学生の多様性増大に大きな影響がある。GEDCの同僚メンバーがそれぞれ自分の機関、国で同様プロジェクトを開始する気にさせられることが私の希望である」と述べた。

2017年のこの賞には18 カ国、39機関から45件のプロジェクトがエントリーした。

ソース:Airbus

Japanese Project Wins Airbus Award for Diversity in Engineering

PR70549

TOULOUSE, France, Oct. 13, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/–

    
    Fifth edition of UNESCO-backed Award is announced at global engineering
                    deans’ conference in Canada

    Airbus, the worldwide leader in aeronautics, space and related services and
the Global Engineering Deans Council (GEDC), the leading global organisation
for engineering education, have announced the recipient of the 2017 GEDC Airbus
Diversity Award [http://www.company.airbus.com/diversityaward ]. Japan’s Kyushu
Institute of Technology’s BIRDS Satellite Project was selected, with the
Schulich School of Engineering: Discover Engineering Programme at Canada’s
University of Calgary and the Women in Engineering (WIE) Programme at the
University of New South Wales in Australia as runners up.

         (Photo:
http://mma.prnewswire.com/media/582413/GEDC_Airbus_diversity_award_2017_winner.jpg
)

    Now in its 5th edition, the Award was developed and funded by Airbus in
partnership with the GEDC, and this year was granted UNESCO patronage. It aims
to shine a light on successful projects which have encouraged more people of
all profiles and backgrounds to study and succeed in engineering. Diversity has
become an increasingly prominent metric for business success, with 69% of
executives rating diversity and inclusion an important issue in 2017, up from
59% in 2014.

    “Diversity is a cornerstone of our business and an indispensable component
for our continued success,” said Jean-Brice Dumont, upcoming Executive Vice
President (EVP) of Engineering Airbus Commercial Aircraft, member of Airbus’
Diversity and Inclusion Steering Board, and Patron of the Award. “Diversity is
not just important; it’s part of Airbus’ DNA. We are committed to further
encouraging and enabling all types of diversity to maintain a high level of
innovation in our industry. Our partnership with the GEDC is one illustration
of this commitment, as we work together to identify successful projects like
the one that has just been awarded to develop our next generation of diverse
global
engineers.”

    The 2017 GEDC Airbus Diversity Award
[http://www.company.airbus.com/diversityaward ] recipient, BIRDS Satellite
Project, trains graduate students from developing countries in using
cost-effective innovative systems engineering to execute a comprehensive
two-year
satellite project, with the long-term goal of equipping them to commence a
sustainable space programme in their respective home countries.

    Taiwo Tejumola from the Kyushu Institute of Technology, presented the
project to a Jury of industry experts and distinguished guests, as well as 200
international engineering education leaders gathered for the 2017 GEDC
Conference in Niagara Falls, Canada. The three finalist projects were evaluated
on the basis of the impact of their work, evidence of generating results and
the possibility to be scaled-up. The winning project was awarded US$ 10,000,
and the runners up US$ 1,500.

    Speaking at the Award Ceremony, Taiwo said that “The BIRDS Project team at
the Kyushu Institute of Technology, Japan appreciates this recognition. Our
collaborative programme provides a unique opportunity for young engineers to
compete in today’s global market, teaching specialised waste-minimising systems
engineering models, developing core skills and building a supportive peer
network. The project also creates a sustainable pathway for participants to
implement training initiatives in their home countries, further contributing to
the diversification and globalisation of engineering skills”.

    “One of the Award criteria is for projects with the potential to be
successfully replicated in other institutions and countries. All three of our
2017 finalist projects have made a significant impact in increasing the
diversity of students pursuing engineering studies, and my hope is that my
fellow GEDC members will be inspired to initiate similar projects in their home
institutions and in their countries,” said Peter Kilpatrick, McCloskey Dean of
Engineering at the University of Notre Dame, USA, and Chairperson of the GEDC.

    For the 2017 edition, 45 projects were submitted, from 18 countries and 39
institutions.

Source: Airbus  






コメントを残す