巨人の村田、構想外で自由契約=他球団で2000安打を-プロ野球 – 時事通信

Home » 02組織・コーポレートガバナンス » 巨人の村田、構想外で自由契約=他球団で2000安打を-プロ野球 – 時事通信
02組織・コーポレートガバナンス, インサイダー取引 コメントはまだありません



 巨人は13日、村田修一内野手(36)と来季の契約を結ばないと発表した。球団は若返りを図る方針で、現役続行を希望する村田を自由契約とした。鹿取義隆ゼネラルマネジャーは「選手として力は十分にあるが、多くの出場機会を与えるのが難しい。苦渋の決断だった」と話した。

〔写真特集〕「移籍Gメン」査定表 良いG、ダメG、普通のG

 村田は日大からドラフト自由枠で2003年に横浜(現DeNA)入り。07年から2年連続で本塁打王、08年にベストナインに輝いた。フリーエージェント権を行使して12年に巨人へ移籍し、リーグ3連覇に貢献した。
 今季は118試合で打率2割6分2厘、14本塁打、58打点。通算安打は1865安打で、2000安打にあと135本と迫っている。通算成績は1953試合で打率2割6分9厘、360本塁打、1123打点。 (2017/10/13-17:58) 関連ニュース

【野球記事一覧へ】 【アクセスランキング】






コメントを残す