民進に再結集論=衆院選後に党代表選も-参院幹部 – 時事通信

Home » 02組織・コーポレートガバナンス » 民進に再結集論=衆院選後に党代表選も-参院幹部 – 時事通信
02組織・コーポレートガバナンス, インサイダー取引 コメントはまだありません



 民進党の参院議員会長は13日、衆院選後に前原誠司代表の後任を決める党代表選が行われるとの見通しを示した。前原氏は党所属参院議員も含めた希望の党への合流を目指しているが、小川氏は反対し、分裂した民進党の再結集を図る考えを表明した。
 民進党から希望に合流した前職の応援で訪れた埼玉県ふじみ野市で記者団に語った。小川氏は「前原代表は『希望にみんなで行こう』と率先して提案された方だから、当然行くと思う」と述べ、自発的に希望へ移籍するとの見方を示した。
 一方、自身については希望に加わらないとした上で「民進党を存続させて共通の敵である自民党政権を倒す同じ思いで、人がまた集まればいい」と強調した。
 民進党の前衆院議員は、希望への合流組、立憲民主党参加組、無所属出馬組に分裂して選挙戦を戦っている。一方、民進党参院議員の半数以上は希望合流を拒否しているもようだ。小川氏は、無所属組らと連携して民進党が軸になる形で、新たな野党再編を模索する考えとみられる。 
 ただ、新たな看板で戦いながら選挙後に再結集に向かえば、批判を浴びる可能性もある。公明党の代表は鹿児島市での街頭演説で「選挙が終わったらよりを戻そうと言い出している。そんな人たちに日本を任せるわけにはいかない」とけん制した。(2017/10/13-19:12) 関連ニュース

【政治記事一覧へ】 【アクセスランキング】






コメントを残す