酒造り アプリで管理 – 日本経済新聞

Home » 01経営戦略・事業戦略 » 酒造り アプリで管理 – 日本経済新聞
01経営戦略・事業戦略, 見える化 コメントはまだありません



 清酒「白龍」を製造する吉田酒造(福井県永平寺町)は、約5000万円を投じ、酒造りをデータ管理する仕組みを整えた。こうじ部屋の温度と湿度をリアルタイムで確認できるアプリを導入。酒米を蒸す蒸気乾燥機も圧力や時間を表示するタイプを入れ、作業を「見える化」した。品質の安定と職人の多能工化につなげるとともに、通年製造による増産を目指す。

 こうじ部屋の管理アプリは農業用ハウス用に開発されたものを酒造りに転用…






コメントを残す