DDHLDがストップ高し連日の新値、2月期上期予想の増額好感 – 朝日新聞

Home » 02組織・コーポレートガバナンス » DDHLDがストップ高し連日の新値、2月期上期予想の増額好感 – 朝日新聞
02組織・コーポレートガバナンス, 持分法適用会社 コメントはまだありません




 居酒屋チェーンを展開するDDホールディングス(3073)が5連騰し、連日で年初来高値を更新した。前引けは、制限値幅上限の前日比504円(17.83%)高の3330円ストップ高買い気配となった。東証1部の値上がり率2位。 12日に、2018年2月期上期(17年3~8月)連結業績予想を増額修正し、好感された。営業利益は従来予想の10億円から16億0700万円(前年同期比2.8倍)に、純利益は4億5000万円から10億9000万円(同3.8倍)に上振れた。継続したコストダウンや費用の効率化が奏功したとしている。6月の持分法適用関連会社ゼットン(3057)の連結子会社化に伴い、特別利益2億6900万円も計上する。 据え置きとなった通期計画に対する進捗率が営業利益で89.3%に達するほか、純利益では超過することから、通期計画の増額修正期待が高まった。







コメントを残す