大塚HD、純利益32%減 – 日本経済新聞

Home » 06財務・会計 » 大塚HD、純利益32%減 – 日本経済新聞
06財務・会計, 減損会計 コメントはまだありません



 大塚ホールディングスが14日発表した2017年1~9月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比32%減の730億円だった。海外子会社の製品で減損損失約230億円を計上。新薬の研究開発費も膨らんだ。

 売上高は3%増の9190億円だった。主力の抗精神病薬「エビリファイ」は特許切れの影響で落ち込んだ。一方で抗がん剤「ロンサーフ」や抗精神病薬「レキサルティ」など中長期的な成長を見込む新薬群の売…






コメントを残す