【特集】クレオ Research Memo(6):2018年3月期は合併によるシナジー効果を固めに見込む – 株探ニュース

Home » 02組織・コーポレートガバナンス » 【特集】クレオ Research Memo(6):2018年3月期は合併によるシナジー効果を固めに見込む – 株探ニュース
02組織・コーポレートガバナンス, 連結経営 コメントはまだありません



クレオ <日足> 「株探」多機能チャートより

■今後の見通し

● 2018年3月期連結業績見通し
クレオ<9698>の2018年3月期の連結業績見通しは、期首の計画どおり、売上高12,500百万円(前期比8.1%増)、営業利益400百万円(同34.8%増)、経常利益410百万円(前期比22.9%増)、親会社株主に帰属する当期純利益280百万円(前期比3.9%増)と増収増益を見込んでいる。各事業が堅実に伸長する見通しだが、中期経営計画達成に向け、1億円の投資を行うこと、グループ再編によるシナジー効果が出るまでには2、3年かかると見込んでいることもあり、2018年3月期の計画は固めに見込んでいる。

事業セグメント別の増減要因を見ると、サポートサービス事業は前期特需案件の反動減により減益を見込むが、その他の事業は通期で増収増益を見込んでいる。また、本社経費については、新規事業のための研究開発投資、子会社合併による間接部門人員の集約による人件費増などもあり、増加を見込んでいる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 内山 崇行)

《MW》

 提供:フィスコ






コメントを残す