メディアの事業創造を支援するメディアインキュベートが、メディア企業のノウハウを整理して活用する「MediaAccelerator」を開始。広告主や企業との課題解決をするため … – Dream News (プレスリリース)

Home » 03マーケティング » メディアの事業創造を支援するメディアインキュベートが、メディア企業のノウハウを整理して活用する「MediaAccelerator」を開始。広告主や企業との課題解決をするため … – Dream News (プレスリリース)
03マーケティング, マーケティング・ミックス コメントはまだありません



ヒト/モノ/カネを全面的に支援いたします。現在、メンター/提携VC/スタートアップ支援者/投資先を募集しています。

・投資希望の方はこちら:http://media-incubate.com/Startup-Accelerator/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/

・提携希望の方はこちら:http://media-incubate.com/Startup-Accelerator/inquiry/

■「MediaAccelerator」が提供する価値
プログラム中またはプログラム修了後に出資検討プレゼンを行うことができ、審査後にMedia Acceleratorから出資を実施。また、事業検証と顧客開拓を強力に支援。

スピーディーな検証と初期顧客開拓支援、小口/大口顧客開拓支援を実施します。事業検証、プロダクト開発、営業マーケティングに至るまで幅広くサポートできるメンターに加え、様々な外部アドバイザーと提携しています。

・事業開発支援:コンセプト作り、商品開発の支援、顧客開拓など、支援先が求めている課題に応じてサービス提供いたします。
・現場を知るメンター:メディア、投資、飲食、IoT、マーケティング、プログラミング、エンタメ、ブロックチェーンなど、幅広くプロの方々にご支援いただいています。
・資金面での支援:提携金融機関や士業の方々と連携して、資本政策や借入などの資金政策の相談も随時対応する他、出資検討会が適宜開催されます。

メンターの方々をご紹介いたします。メディア、投資、飲食、IoT、クリエイティブ、インフルエンサー、マーケティング、プログラミング、ゲーム、エンタメ、ブロックチェーンなど、幅広い業種のプロフェッショナルの方にご支援いただいています。

■高橋ピョン太氏のプロフィール
高橋ピョン太氏。パソコンゲーム総合雑誌『ログイン』の編集長を経て、株式会社アスキーにて新規事業としてネットワークコンテンツ事業を開始(1997年)。以来、PC、コンシューマー向けのネットワークコンテンツの開発、運営に携わり、1998年に株式会社セガ(現:株式会社セガゲームス)に出向。
2002年出向の任が解かれアスキーを退社。その後、株式会社コンポジット(株式会社ドワンゴ子会社)の取締役に就任しモバイル中心のコンテンツ事業に転向。コンポジットでは総合着信メロディサイト『いろメロミックス』の企画制作、運営に携わり、ケータイコンテンツのメディア化を目指し邁進。
2005年4月親会社である株式会社ドワンゴとの合併準備のため、ドワンゴに転籍し執行役員に就任。
2006年、株式会社オレンジリーフ設立。現在も、VR・ゲーム、と幅広く取材を続けるジャーナリストとして活躍中。

■河上純二氏のプロフィール
中央大学法学部政治学科卒業。デジタルハリウッド本科クリエイティブ科卒業。 94年株式会社マルイ入社。その後映像クリエイター・VJ活動を経て、1997年よりGateway Japan,PCCW Japanなど外資系企業にて新規WEBサービスの立ち上げにプロデューサーとして参画。

2000年より株式会社USENにてインターネット事業部門責任者として様々な新規インターネットビジネスの立ち上げと事業推進を遂行。その後株式会社medibaにて新規モバイル事業立ち上げ責任者として多数のモバイル関連事業の立ち上げと事業推進を経て、2011年8月からは株式会社D2Cに参画しスマートフォン領域におけるコンシューマ事業での様々な事業・サービス立ち上げ及び事業推進に従事。

あわせて2015年に社団法人アプリ開発技術認定普及協議会を立ち上げ理事に就任。

河上純二氏は、インターネット/メディア/クリエイティブ業界に造詣が深く、「メディアインキュベート・ブロックチェーン研究所」の主席研究員として、メディア業界のブロックチェーン活用を推進/研究してまいります。

■伊原敏明氏のプロフィール
伊原敏明氏。1998年3月早稲田大学大学院理工学研究科生物物理学部門修了。同4月、ベンチャーキャピタル最大手の(株)ジャフコ入社。投資第二グループにて東京中心にベンチャーキャピタリストとして投資案件発掘を担当。その後、大手コンサルティング会社のCVC、金融系CVCを含め、ベンチャーキャピタリストとして計13年活動。ネットからリアルビジネス及びバイオベンチャーへの投資育成で実績を上げる。
2011年9月から投資先startupへ移籍し、複数の新規事業企画から育成を担当。その他複数のstartupのメンターとしても活動中。

■河合斎行氏のプロフィール
河合斎行氏。イギリスへのレース留学を経て、国内でレース活動トヨタ系物流企業のドライバーとして従事後、元デジタルガレージのCTOの内田友幸と共に、株式会社みまもーら創業。世界初・バンドサイズのLoRa+GPS搭載の高齢者見守りデバイス「みまもーら」を開発し、IoT領域の急成長ベンチャーとして注目を集める。
みまもーらは、「起業家と投資家を繋ぐ」テクノロジーメディア・THE BRIDGEの勉強会形式のミートアップにも登壇し、(http://thebridge.jp/2017/07/the-bridge-x-lab-201706)提携先の拡大をするべく、活動を広げている。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000020294.html
河合斎行氏は、IoT/車/介護/ブロックチェーンに造詣が深く業界に造詣が深く、「メディアインキュベート・ブロックチェーン研究所」の特別顧問として、メディア業界のブロックチェーン活用を広く推進/研究してまいります。

■古内主馬氏のプロフィール
玉川大学英米文学科卒業。国内3キャリア公式サイトコンテンツプロバイダー、ソーシャルゲームプロバイダー企業において様々なジャンルのコンテンツ、サービス・ゲーム事業立ち上げを経て、 2009年に新規事業構築専門のコンサル・制作プロデュース会社を設立。教育・エンタメ・スマホアプリなど様々な分野で新規ビジネスの立ち上げを行った。

2013年にJSA公認ワインエキスパートを取得。ワイン×カルチャーをテーマにしたワインメディア「Ministry of Wine」主宰。日本ワインを世界にとどける活動を展開。

現在はメディア、AI、ブロックチェーン領域を専門に活動中。コトナリ代表取締役、株式会社Budou代表取締役。ミカク株式会社取締役。

古内主馬氏は、インターネット/メディア/クリエイティブ業界に造詣が深く、「メディアインキュベート・ブロックチェーン研究所」のエバンジェリストとして、メディア業界のブロックチェーン活用を広く推進/研究してまいります。

■前田裕司氏のプロフィール
前田裕司。奈良県出身。大手電機メーカーの航空関連部門や自動車関連部門での海外事業担当として、営業・新製品開発・チャネル開拓などを経て、2015年京橋ファクトリー入社、執行役員COO、2017年同社執行役員 CMO に就任。日本マーケティング学会会員。兵庫県立大学経営学部特別講師。次世代マーケティングプラットフォーム研究会運営メンバー。

■栗原宏平氏のプロフィール
ソーシャルメディアを活用した海外マーケティング事業を運営。マンガコネクト株式会社の代表取締役社長。ソーシャルメディアを通じて海外とのネットワークの拡大、アライアンスを行なっている会社です。現在、イスラエル、ドイツ企業の日本展開と北米、欧米を中心に国内展開のアライアンスのサポートも行なっております。
最近では、インド、アメリカでのネットワーキングのサポートなどをお繋ぎしています。
現在グローバルに展開しているメディア×ブロックチェーンプロジェクトの日本アンバサダーも兼務しているので、ICOなどに関心のある方はお話しましょう。
・PUBLIQ http://publiq.network/
・自社の事業ページ http://www.crowdships.net/
・Facebook https://facebook.com/kuriharan

■淺田百合氏のプロフィール
株式会社BeautifulWorks 代表取締役 淺田百合氏 (システム開発・WEBデザイン・SES事業・イベント企画) 、京都市立堀川高等学校卒、立命館大学経営学部卒。大学時代、株式会社のぞみ、チームラボ株式会社でインターンとアルバイト。政治活動や学生ベンチャーの立ち上げに従事。卒業後、複数のITベンチャー企業に関わり、個人ではプログラミング勉強会講師、 IT系イベントの運営スタッフ多数所属。主な使用言語はC#、PHP、JavaScript、CSS3、HTML5、Swift。 2017年5月、株式会社BeaufulWorks創業。現在に至る。

■田上大貴氏のプロフィール
class Tech・田上大貴氏。大学時代にプログラミングに目覚める。2年間休学しベンチャー企業でWebエンジニアを経験後、復学しフリーのエンジニアとしての活動を始める。初心者の女性にプログラミングを教えるRailsGirls Okayamaの開催や、半年間シリコンバレーでシステム開発のインターンシップをした経験を通じてWebエンジニアの育成に力を入れたいと考える。数人のエンジニアの育成を踏まえclass Tech(クラステック)の立ち上げに至る。主な使用言語はRuby, PHP, JavaScript, SwiftやJavaなど。

■三浦祐輝氏のプロフィール
株式会社サケドア、株式会社サケドアインキュベートの三浦祐輝代表取締役は、八千代市で初のbitcoin決済対応店舗の経営や、高齢者向けの宅食事業を行う合弁会社「株式会社元気フードネットワーク(http://www.dreamnews.jp/press/0000160028/)」の代表取締役社長でもあります。自身の店舗設立の際には、数百万単位の開業資金をクラウドファンディングで調達。

また和太鼓と篠笛の演奏集団「KOGMIX」を主宰し、アーティストとしても活躍しています。






コメントを残す