東京新聞:注目集める「クリアファイル家計簿」 お金「見える化」無駄遣い減 … – 東京新聞

Home » 01経営戦略・事業戦略 » 東京新聞:注目集める「クリアファイル家計簿」 お金「見える化」無駄遣い減 … – 東京新聞
01経営戦略・事業戦略, 見える化 コメントはまだありません



「クリアファイル家計簿」を考案したいちのせかつみさん。買い物予算を一日2000円までにし、残ったお金をファイルに入れる

写真

 家計簿なのに数字の記入は不要で、お金やレシートを毎日透明なファイルに入れるだけでいい−。そんな手軽な「クリアファイル家計簿」が注目されている。一日の買い物予算の上限を2000円に決めて生活するのがポイントだ。お金の出入りを「見える化」することで無駄遣いを減らすことができるという。年末に向けて出費が増えるこの時期、家計管理を見直してみては。 (細川暁子)

 「浪費をなくすには家計簿をつけて節約を意識することが大事。でも、面倒なことは長続きしない。楽に家計管理できる方法を考えたら、クリアファイル家計簿にたどり着きました」。考案者のフィナンシャルプランナー(FP)いちのせかつみさんは言う。

 クリアファイル家計簿は、自分で簡単に作ることができる。透明のファイル数十枚が本のように一冊にまとまったクリアブックを用意。「1日」「2日」というように、一カ月分の日付を一日一枚ずつ紙の表裏に書き込んで、ファイルに一枚ずつ入れていけば完成だ。

 ポイントは、家族構成にかかわらず一日の買い物予算の上限を二千円に設定すること。一カ月間毎日、お財布に二千円だけを入れて生活し、一日の終わりに残ったお金を、その日付のファイルに入れていく。無駄遣いがないか検証できるようにレシートも一緒に入れる。ファイルに入ったお金には手を付けず、一カ月たったらお金を取り出し、いくら残ったか計算する。慣れれば数日分の予算でまとめ買いをしてもいい。

 一日二千円の買い物予算の内訳は、毎日の食費や日用品。値段が高い「米代」や、子どもの習い事費用・交際費などは「現金決済分」としてファイルに別枠のページを設ける。ローンや光熱費、貯金などを考慮した上でファイルに入れる金額を決め、使うときはそこから取り出す。

 三十年以上家計管理の相談に乗ってきたいちのせさんによると、子どもが二〜三人いる平均的な家庭では食費と日用雑貨で月十万円近く、一日にすると約三千三百円かかっている。それを一日二千円、月約六万円に抑えると、月約四万円を節約でき、年間約五十万円を貯金できる。

 ポイントをためるためにクレジットカードや電子マネーを使う人もいるが、いちのせさんは現金決済でお金の出入りを「見える化」し、計画的に使う練習をした方が無駄遣いが減ると指摘。ボーナスの支給時期で、年末に向けて財布のひもが緩む今はクリアファイル家計簿の始め時だという。「一年の計は元旦にあり」だからと一月一日から始めるのは避けた方がいい。「ただでさえお正月は忙しく、お年玉や帰省費用などレシートのない出費が多いので、大体の人は長続きしません」

◆「達成感味わえる」実践体験が漫画本に

 福岡市の漫画家まきりえこさんは、六月からクリアファイル家計簿を実践。自身の体験談を漫画で描き、いちのせさんの監修を受け、九月に「実録クリアファイル家計簿」(扶桑社)を出版した。

 「以前はどんぶり勘定だった」と振り返るまきさん。これまでは財布に二万円ほど入れて週に一度スーパーで買い物し、食費や日用品にいくらかかっているのか意識することはなかった。今は一日二千円の上限でこまめに買い物に行くようになり、合計金額を計算しながら買うのでお菓子など無駄遣いがなくなったという。

 一緒に買い物に行った夫が、「百円均一で小物を買いたい」と言ったが財布に七十円しかなく却下したことも。「百円単位であっても、本当に必要な物かどうか私だけでなく夫や高校生の長男も考えてから買うようになった」と話す。

 今もクリアファイル家計簿を継続。毎月約二万円がファイルには残り貯金しているが、投資に回すことも検討中だ。達成感を味わえ、目標ができるのが魅力だという。

この記事を印刷する






コメントを残す