(やさしい経済学)ファミリービジネスの強みと課題(7)自社に適した … – 日本経済新聞

Home » 02組織・コーポレートガバナンス » (やさしい経済学)ファミリービジネスの強みと課題(7)自社に適した … – 日本経済新聞
02組織・コーポレートガバナンス, ステークホルダー コメントはまだありません



 企業は発展とともに所有と経営を分離させ、専門経営者による経営に移行させるべきだという考えが広く普及しています。昨今のガバナンスの強化も、専門経営者の、多様なステークホルダーへの説明責任やエージェンシー問題の一環とも考えられるでしょう。

 ファミリービジネス(FB)の競争優位性は確認されているものの、そのガバナンスは遅れていると見られがちです。所有と経営が分離されていないFBが多いことや、同族所有者…






コメントを残す