成都、ニューエコノミー発展に最も適した都市 – 共同通信PRワイヤー (プレスリリース)

Home » 07事業再・M&A » 成都、ニューエコノミー発展に最も適した都市 – 共同通信PRワイヤー (プレスリリース)
07事業再・M&A, 協調投資/共同投資 コメントはまだありません



成都、ニューエコノミー発展に最も適した都市

AsiaNet 71447 (2003)

【成都(中国)2017年12月7日新華社=共同通信JBN】鋼鉄とガラスの高層事務所ビル、ホテル、アパートのコンクリートジャングルに囲まれて、人々は無数の日陰の場所でくつろぐ。多くは共用自転車を手際よく並べて止めている。彼らは米国の半導体企業Advanced Micro Devices(アドバンスト・マイクロ・デバイセズ、AMD)と中国の提携相手が設立した合弁事業Chengdu Tianfu Software Park(成都天府ソフトウエアパーク)で1日の仕事を始める。同社は社名の元になった中国南西部の四川省の極めて活動的な省都である成都にある。

AMDの成都支社は今、最新型のチップの開発に忙しい。専門家らによると、この種の国内産チップは最終的に外国製造業者の同等物に取って代わる。これは、中国のスーパーコンピューターがこれまで想像されたより多くの機能を発揮し、より多くのソフトウエアとプラットフォームのより高度な互換性をもたらすことを可能にするだろう。

成都天府ソフトウエアパークは今日、中国で最も急成長する専門家向けソフトウエア産業パークである。2005年に開業し、それ以来、大手企業を含む250近いテナントを誘致、外資系企業がその全体の40%を占める。そこで現在、操業している企業にはIBM、SAP、NEC、GE、NCSI、ファーウェイ(Huawei、華為技術)、アリババ、マースク、シーメンス、エリクソン、テンセント、WIPRO、DHLが含まれる。

成都は長い間、科学技術イノベーションのハブであり、これら企業にとって有利な場所である。国際的な巨大医療技術企業メドトロニックと自動車大手ボルボもこの流れに乗った。

メドトロニックは今年10月、成都へのCenters for Therapeutic Innovation(治療法イノベーションセンター)の建設決定を発表した。同社の同地で3番目の大型プロジェクトである。メドトロニックは中国の他のどこよりも多くのセンターを成都に建てている。スウェーデンの自動車メーカー、ボルボは、新世代の電気自動車であるポールスターを製造する工場を成都に設立する計画である。

科学技術は成都の構造を変えている。同市はますます中国経済の中心部分になりつつある。成都の発展はいわゆるニューエコノミー現象の後を追っている。そこでは、経済の変容がグローバル化を背景に、ハイテク産業に主導される。

最新のデータによると、成都には2万4369の科学技術企業、965のあらゆる種類の研究開発施設、31の潜在的なユニコーン企業がある。成都のニューエコノミー産業は昨年、10%超の成長軌道にあり、ハイテク産業の価値は8446億人民元に達し、同市の中心産業となった。

成都市党委員会の主要幹部らは、ハイテク産業の発展とイノベーションを通じた成長を強調することに加え、ニューエコノミーは政府、学界、企業間の提携を重視するべきだと考えている。政府は特に、人的資源の優位性を人的資本の優位性に完全に変換するために、研究開発における学界と企業の協調を望んでいる。

成都には56の高等教育機関、30以上の国家レベルの科学研究機関、318の軍事産業企業・組織があり、約500万人の科学技術イノベーションの人材を含む豊富な人的資源の蓄積を持つ。

成都市科学技術部の関係当局者の情報によると、成都はすでに13の高等教育機関と戦略的協力協定を締結した。北京の北京大学や四川大学のような四川省内外の教育機関で、起業を助長し、新プロジェクトを育成し、新しい重要な研究業績を達成するためである。

政府関係者は、高等教育機関と民間資金による資本投資は8億7500万人民元に達すると述べた。同関係者によると、イノベーションと育成のスペースの面積は現在、50万平方メートルを超えており、高等教育機関の1000件以上の科学技術業績が移転され、あるいは商業化されている。

人材の家庭登録政策の改革が7月に実施されて以来、成都は8万7000人超の修士かさもなければ2次的な学位保有者を引き寄せており、その約15%は米国のアイビーリーグ出身者だ。

2017 Returned Chinese Employment and Entrepreneurship Survey Report(2017年帰国中国人雇用起業調査報告書)によると、成都は、外国で教育を受け、働いて帰国した中国人の間で就職と起業のために最も好まれる都市の3位に上昇した。上位にあるのは北京と上海だけである。

優れた人材を継続的に集積し、イノベーションと起業を優先する中国政府の積極的な資金誘致施策は、北京や上海などの都市に比べて土地と労働のコストが比較的安いこととともに、ニューエコノミーを発展させるために中国で最も理想的な都市として成都を前進させる決定的な要素かもしれない。

ソース:Chengdu Science and Technology Bureau

Chengdu: the Most Suitable City for New Economy Development

PR71447

CHENGDU, China, Dec. 7, 2017 /Xinhua=KYODO JBN/–

Amid a concrete jungle of steel and glass office towers, hotels, and apartment
buildings, people relax under the myriad spots of shade. Many park their public
bicycles neatly in a row. They’re starting a day of work at the Chengdu Tianfu
Software Park, a joint venture established by Advanced Micro Devices (AMD) —
an American semiconductor company — and its Chinese partner. It is located in
the eponymous Chengdu, the frenetic capital of China’s southwestern Sichuan
province.

Today, the Chengdu branch of AMD is currently busy at work developing a brand
new type of chip. And according to experts, this kind of domestically produced
chip will eventually replace counterparts from foreign manufacturers. It will
enable Chinese super computers to operate with even more functions than
previously imagined, introducing higher compatibility with more software and
platforms.

Chengdu Tianfu Software Park is the fastest-growing professional software
industry park in China today. It opened its doors in 2005 and has since
attracted nearly 250 tenants that include major corporations, of which
foreign-funded enterprises account for 40 per cent of the total. Companies that
are now operating there include IBM, SAP, NEC, GE, NCSI, Huawei, Alibaba,
Maersk, Siemens, Ericsson, Tencent, WIPRO, and DHL.

Chengdu is an advantageous location for these companies because it has for a
long time been a hub for science and technology innovation. International
med-tech giant Medtronic and automotive behemoth Volvo are also jumping on the
bandwagon.

In October this year, Medtronic announced the decision to construct its Centers
for Therapeutic Innovation in Chengdu — which is the company’s third major
project there. Medtronic has built more centers in Chengdu than anywhere else
in China. Swedish car-maker Volvo plans to set up a factory in Chengdu to
manufacture Polestar, its new generation of electric vehicles.

Science and technology are changing the fabric of Chengdu — the city is
increasingly becoming a more central part of the Chinese economy. Chengdu’s
development follows the phenomenon of the so-called new economy, when economic
transformation is driven by hi-tech industries under the backdrop of
globalization.

Fresh data from the government show that Chengdu is home to 24,369 science and
technology enterprises, 965 research and development facilities of all kinds,
and 31 potential unicorn companies. Last year, Chengdu’s new economy industries
were on track to grow by more than 10 per cent, while the value of hi-tech
industries reached RMB 844.6 billion — making it the city’s pillar industry.

Major leaders of Chengdu Municipal Party Committee believe that other than
emphasizing growth through developing hi-tech industry and innovation, the new
economy should also stress partnerships between the government, academia, and
enterprises. The government especially wants collaborations between academia
and enterprises in research and development, to thoroughly transform the
advantage of human resources advantage into the advantage of human capital.

Chengdu is home to 56 institutions of higher education, more than 30
national-level scientific research institutes, and 318 military industry
companies and organizations. It has a rich reserve of human resource that
includes nearly 5 million scientific and technological innovation talents.

According to information from a relevant official at the Chengdu Science and
Technology Bureau, Chengdu has already signed strategic cooperation agreements
with 13 higher education institutions. The institutions are both within and
outside Sichuan province — such as Peking University in Beijing and Sichuan
University — in order to foster entrepreneurship, incubate new projects, and
reach new key research achievements.

The government member said that capital investment from higher education
institutions and private funding has reached more than RMB 875 million. The
government member also said that the area for innovation and incubation spaces
now exceeds 500,000 square meters, and over 1,000 scientific and technological
achievements from higher education institutions have been either transferred or
commercialized.

Since reforms in household registration policies for talents rolled out in
July, Chengdu has attracted more than 87,000 master’s degree or otherwise
secondary degree holders. It is estimated that about 15 per cent of those
degrees are from Ivy League schools in the United States.

According to the 2017 Returned Chinese Employment and Entrepreneurship Survey
Report, Chengdu has climbed its way to the number three spot for the most
preferred cities for employment and entrepreneurship among Chinese who study or
work abroad and then return to the country. It comes just after Beijing and
Shanghai.

The Chinese government’s active steps in attracting funding — continual
assembling distinguished talents, and putting innovation and entrepreneurship
first — along with relatively lower land and labor costs compared with cities
like Beijing and Shanghai, are all crucial factors that may propel Chengdu
forward as China’s most ideal city for cultivating the new economy.

SOURCE: Chengdu Science and Technology Bureau






コメントを残す