【注目】話題株ピックアップ【昼刊】:ファストリ、不二越、ビックカメラ – 株探ニュース

Home » 08金融 » 【注目】話題株ピックアップ【昼刊】:ファストリ、不二越、ビックカメラ – 株探ニュース
08金融, 証券化/流動化 コメントはまだありません



ファストリ <日足> 「株探」多機能チャートより

■大阪有機化学工業 4187>  1,667円  +300 円 (+22.0%) ストップ高   11:30現在  東証1部 上昇率トップ
 大阪有機化学工業 4187> がストップ高。11日に発表した17年11月期の連結経常利益は前の期比29.6%増の33.6億円に拡大して着地。半導体向け電子材料を中心に販売が好調だったほか、化成品事業の原価低減も大幅増益に貢献した。続く18年11月期も前期比4.0%増の34.9億円に伸び、3期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。業績好調に伴い、今期の年間配当は前期比3円増の32円に増配する方針とした。併せて、発行済み株式数(自社株を除く)の1.34%にあたる30万株(金額で4億5000万円)を上限に自社株買いを実施すると発表。好決算と株主還元の拡充を評価する買いが向かった。

■トランザクション <7818>  1,223円  +162 円 (+15.3%)  11:30現在  東証1部 上昇率3位
 トランザクション<7818>が大幅。オリジナル雑貨の製造販売を手掛けるほか電子たばこ事業にも注力している。同社が11日取引終了後に発表した18年8月期の第1四半期(2017年9月~11月)連結決算は、売上高が39億8000万円(前年同期比22.3%増)、営業利益は5億200万円(同23.6%増)、最終利益は3億3300万円(同36.6%増)と大幅増収増益だった。オリジナル雑貨が好調に売り上げを伸ばすほか、電子たばこも積極的な新規出店が奏功している。通期業績予想は従来見通しを据え置いているが、営業利益16億100万円(前期比11.3%増)に対する第1四半期時点の進捗率は31%に達している。

■島忠 <8184>  3,450円  +375 円 (+12.2%)  11:30現在  東証1部 上昇率5位
 島忠<8184>が大幅高で、昨年来高値を更新した。同社は11日取引終了後に、18年8月期第1四半期(17年9~11月)の単独決算を発表。営業利益は26億900万円(前年同期比9.8%増)となり、上半期計画48億6900万円に対する進捗率は53.6%となった。営業収益は349億1100万円(同3.1%減)にとどまったが、販売費および一般管理費が前年同期と比べ減少したことが利益を押し上げた。なお、上半期および通期の業績予想は従来計画を据え置いている。

■松屋 <8237>  1,626円  +147 円 (+9.9%)  11:30現在  東証1部 上昇率9位
 松屋 <8237> が続急伸。11日に発表した18年2月期第3四半期累計(3-11月)の連結経常利益が前年同期比2.7倍の9.7億円に急拡大して着地したことが買い材料視された。富裕層や訪日外国人の消費が回復するなか、銀座店の改装効果や化粧品を中心とした消耗品の免税売上の増加などで百貨店業の収益が拡大したことが寄与。営業費用の圧縮で飲食業の赤字が縮小したことも増益の要因となった。

■OSG <6136>  2,719円  +188 円 (+7.4%)  11:30現在
 オーエスジー <6136> が続伸し、昨年来高値を更新した。同社は11日に決算を発表。17年11月期の連結経常利益は前の期比7.5%増の191億円で着地。続く18年11月期も前期比14.9%増の220億円に伸び、3期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなったことが買い材料視された。今期は海外の航空機・自動車関連メーカーなどに切削工具の販売が伸び、8.2%の増収を見込む。業績好調に伴い、前期の年間配当を44円→46円(前の期は50円)に増額し、今期も46円を継続する方針としたことも支援材料となった。

■ファーストリテイリング <9983>  49,750円  +2,950 円 (+6.3%)  11:30現在
 ファーストリテイリング<9983>が急伸し、昨年来高値を更新している。11日の取引終了後に発表した第1四半期(17年9~11月)連結決算が、売上高6170億2600万円(前年同期比16.7%増)、営業利益1139億100万円(同28.6%増)、純利益785億4000万円(同12.7%増)となり、「計画を上回る増収増益」(会社側)になったことが好感されている。国内ユニクロ事業の既存店売上高が前年同期比8.4%増となり、通期計画の1.9%増を大きく上回ったことが業績を牽引した。また、海外ユニクロ事業で、防寒衣料の販売が好調だった中国大陸や韓国が大幅な増益となったほか、赤字が続いていた米国が営業黒字に転じたことなども利益を押し上げた。なお、海外ユニクロ事業の売上高は2582億円(前年同期比31.4%増)となり、国内ユニクロ事業の2570億円(同7.6%増)を第1四半期として初めて上回った。

■日本海洋掘削 <1606>  3,370円  +195 円 (+6.1%)  11:30現在
 日本海洋掘削<1606>が11連騰と異彩の上げ足をみせている。背景にはここ最近の原油市況の急上昇がある。前日のニューヨーク原油先物市場では一時1バレル=64ドル台後半まで水準を切り上げ、約3年ぶりの高値圏に浮上した。主要産油国の協調減産による需給タイト化への思惑に加え、トランプ米大統領がイランへの制裁を再開するとの観測などが原油高を後押ししている。中期的にも世界景気の拡大を背景に原油の先高期待は根強く、前日の米国株市場ではシェブロンが3%を超える上昇をみせるなどエネルギー関連株が全体相場上昇に寄与した。東京株市場でも原油市況高が収益拡大に貢献する資源開発関連に物色の矛先が向かっている。

■不二越 <6474>  832円  +45 円 (+5.7%)  11:30現在
 不二越<6474>は続伸し、昨年来高値を更新している。同社は11日取引終了後、18年11月期通期の連結業績予想を発表した。売上高は2500億円(前期比5.3%増)、営業利益は180億円(同11.6%増)、最終利益は110億円(同12.8%増)を見込んでいる。今期は引き続き、自動車・建設機械分野の需要は堅調に推移すると見込まれる。また、 産業機械分野でも、海外を中心とした需要拡大が予想される。なお、今期の想定為替レートは、1ドル=110円、1ユーロ=125円、1中国元=16.5円を前提としている。17年11月期連結決算は、売上高2374億6100万円(前の期比12.3%増)、営業利益161億3000万円(同44.8%増)、最終利益97億4700万円(同2.5倍)だった。

■イズミ <8273>  7,080円  +340 円 (+5.0%)  11:30現在
 イズミ <8273> が急反発し、上場来高値を更新した。同社は11日に決算を発表。18年2月期第3四半期累計(3-11月)の連結経常利益は前年同期比6.1%増の255億円に伸びて着地した。中間期(3-8月)時点の同利益は1.6%減益だっただけに、増益に転じたことを好感する買いが向かったようだ。同社は中四国・九州地盤の総合スーパーで、食品スーパーも展開している。3-11月期は熊本地震被災による休業店舗の営業再開に加え、前期に新設・増床した店舗の通年稼動や今期に新設した店舗による売上増加で、4.6%の増収を確保した。

■ビックカメラ <3048>  1,741円  +70 円 (+4.2%)  11:30現在
 ビックカメラ<3048>が続急伸し実質上場来高値更新となっている。11日の取引終了後に発表した第1四半期(17年9~11月)連結決算で、売上高1885億3500万円(前年同期比5.2%増)、営業利益30億1500万円(同23.2%増)、純利益19億9700万円(同31.3%増)と大幅増益となったことが好感されている。「ビックカメラ京王調布店」(東京都調布市)や「ビックカメラ船橋東武店」(千葉県船橋市)をオープンさせたほか、新形態店舗として、「ビックトイズプライムツリー赤池店」(愛知県日進市)や化粧品、医薬品、理美容家電および酒類などを中心の品揃えとした「ビックカメラセレクト原宿店」(東京都渋谷区)などをオープンさせたことが寄与。また、オムニチャネルを含むインターネット通販事業を強化したことも貢献した。なお、18年8月期通期業績予想は、売上高8300億円(前期比5.0%増)、営業利益250億円(同14.4%増)、純利益150億円(同11.1%増)の従来見通しを据え置いている。

■竹内製作所 <6432>  2,968円  +117 円 (+4.1%)  11:30現在
 竹内製作所 <6432> が7連騰、連日で上場来高値を更新した。11日に発表した18年2月期第3四半期累計(3-11月)の連結経常利益が前年同期比14.2%増の114億円に伸びて着地したことが買い材料視された。米国や欧州でミニショベルなどの販売が拡大し、2ケタ増収を達成。原材料価格の上昇や研究開発費の増加が響き営業利益はマイナスとなったものの、円安による為替差損益の好転で経常利益は増益を確保した。昨年10月に上方修正した通期計画127億円に対する進捗率は90.4%に達しており、さらなる上振れを期待する買いが向かった。

■ディップ <2379>  3,165円  +105 円 (+3.4%)  11:30現在
 ディップ <2379> が大幅反発し、昨年来高値を更新した。11日に発表した18年2月期第3四半期累計(3-11月)の連結経常利益が前年同期非連結比21.1%増の81.6億円に伸びて着地したことが買い材料視された。旺盛な求人需要が続く中、積極的な広告宣伝投資などが奏功し、「バイトル」「はたらこねっと」といった求人情報サイトの広告出稿件数が拡大、16.4%の大幅増収を達成したことが寄与。通期計画の105億円に対する進捗率は77.8%に達し、5年平均の59.0%も上回っている。

■栗本鐵工所 <5602>  2,561円  +77 円 (+3.1%)  11:30現在
 栗本鉄工所<5602>が3日続伸し昨年来高値を更新している。この日の朝方、自動車構造体に適用できる熱硬化性樹脂を用いたガラス繊維強化プラスチック(GFRP)中空体の成形技術を確立したと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。自動車前方の「クロスカービーム」と呼ばれる部品などに応用する技術で、3割以上の軽量化およびスチールと同等の強度を実現することに成功したという。電気自動車(EV)などで車体軽量化の需要が高まっていることから、鋳鉄管事業に次ぐ事業となることも期待されているようだ。

■ブイ・テクノロジー <7717>  20,020円  +350 円 (+1.8%)  11:30現在
 ブイ・テクノロジー<7717>は続伸している。11日の取引終了後、複数の海外大手ディスプレーメーカーから、光配向露光装置およびカラーフィルター露光装置を受注したと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。受注金額は約150億円。なお、同受注による18年3月期業績への影響は軽微で、来期以降の業績に貢献するとしている。

■オリックス <8591>  2,096.5円  +31 円 (+1.5%)  11:30現在
 オリックス<8591>が連日の昨年来高値更新。SMBC日興証券は11日、同社株の目標株価を1800円から2250円に引き上げた。投資評価の「1」は継続した。「ディフェンシブ株から高クオリティ株へ」と市場の評価が変わり、株価はバリュエーション面の切り上げが見込める点に注目している。特に、次期中期経営計画(19年3月~21年3月期)のベース利益成長率は年7~10%が可能とみているほか、配当や自社株買いによる総還元利回りは5.7%の水準にあり、投資妙味が高い点などを評価している。

■ネオジャパン <3921>  1,694円  +300 円 (+21.5%) ストップ高   11:30現在
 11日、東証がネオジャパン <3921> [東証M]を18日付で市場1部に市場変更すると発表したことが買い材料。発表を受け、TOPIX連動型ファンドの組み入れ需要を見越した先回り的な買いに加え、知名度の高まりや株式流動性の向上を期待する買いが向かった。

■白鳩 <3192>  682円  +100 円 (+17.2%) ストップ高   11:30現在
 11日、白鳩 <3192> [JQ]が決算を発表。18年8月期第1四半期(9-11月)の経常利益(非連結)が前年同期比10倍の8100万円に急拡大して着地したことが買い材料視された。品揃え拡充などで女性向けを中心とした下着のインターネット販売が伸びたことが寄与。前期に計上した支払手数料がなくなったことも大幅増益の要因となった。

■エスプール <2471>  3,465円  +502 円 (+16.9%) ストップ高買い気配   11:30現在
 11日、エスプール <2471> [JQ]が決算を発表。17年11月期の連結経常利益は前の期比38.5%増の6.8億円に拡大し、従来予想の5.7億円を上回って着地。続く18年11月期も前期比16.7%増の8億円に伸び、3期連続で過去最高益を更新する見通しとなったことが買い材料視された。今期も人材需給が逼迫するなか、コールセンター業務を主力とする人材ソリューション事業の好調継続を見込む。同時に、2月28日現在の株主を対象に1→5の株式分割を実施すると発表しており、株式流動性の向上と投資家層の拡大を期待する買いも向かった。併せて、今期の年間配当は5円とし、株式分割を考慮した実質配当は38.9%増配とする方針とした。

●ストップ高銘柄
 ルーデン <1400>  569円  +80 円 (+16.4%) ストップ高買い気配   11:30現在
 ユーザーローカル <3984>  7,990円  +1,000 円 (+14.3%) ストップ高   11:30現在
 など、6銘柄

●ストップ安銘柄
 なし

株探ニュース






コメントを残す