<札幌モーターショー特集>夢の時代接近 自動運転、欠かせぬAI:どうし … – 北海道新聞

Home » 09情報技術(IT) » <札幌モーターショー特集>夢の時代接近 自動運転、欠かせぬAI:どうし … – 北海道新聞
09情報技術(IT), ITS コメントはまだありません



 次世代自動車の主役に躍り出た電気自動車(EV)と共に注目される技術が「自動運転」と、その実現に欠かせない「人工知能(AI)」だ。車に乗り、行き先を告げるだけで目的地に連れて行ってくれる―。そんな夢のような時代に近づく技術を採用したコンセプトカーが札幌モーターショーにも登場する。

 自動運転などの国家戦略「官民ITS(高度道路交通システム)構想・ロードマップ2017」は、自動運転を技術に応じて5段階に分類。加減速かハンドル操作のいずれかを自動で行う「レベル1」から、あらゆる条件下で操作を自動で行う「レベル5」まであり、現在は運転者の監視下で加減速とハンドル操作の両方を自動化する「レベル2」までが市販化されている。

 SUBARU(スバル)が出展するコンセプトカー「ヴィジヴ パフォーマンス コンセプト」は自動運転技術を搭載。同社の運転支援システム「アイサイト」の性能を向上させることで、高速道路での車線変更や追い越しなどを実現させた。同社は2020年頃の実用化を目指している。

 三菱はAIを組み込んだスポーツタイプ多目的車(SUV)のEV「イーエボリューション コンセプト」を披露。センサーで気象や道路状況の変化を認知し、初心者には教習所の教官のように、上級者にはラリーのナビゲーターのように音声でアドバイスし、安全な運転をサポートする。

 こうした技術の進展を踏まえ、政府は20年までに、過疎地など限定地域で全ての操作を自動化する移動サービスの実現を目指す。自宅から病院やスーパーへの送迎といった足の確保にもつながり、高齢化や過疎化が進む地域の新たな交通手段となる可能性がある。






コメントを残す