南北合同チーム「IOCで検討中」=平昌五輪で北朝鮮の張雄委員 – 時事通信

Home » 02組織・コーポレートガバナンス » 南北合同チーム「IOCで検討中」=平昌五輪で北朝鮮の張雄委員 – 時事通信
02組織・コーポレートガバナンス, インサイダー取引 コメントはまだありません



 【ソウル時事】北朝鮮の張雄・国際オリンピック委員会(IOC)委員は13日、平昌冬季五輪アイスホッケー女子の南北合同チーム結成について、「既に上程された提案なので、IOCで検討中だ」と述べた。スイスのローザンヌでバッハIOC会長らとの協議を終えて帰国する途中、北京の空港で聯合ニュースなどに語った。
 北朝鮮が南北合同チームに関して前向きに検討するかとの問いには、「私には(決める)権利がない」と述べるにとどめた。また、北朝鮮代表団の参加規模についても「IOCが決定することだ」と説明した。
 韓国高官は12日、聯合とのインタビューで、平昌五輪アイスホッケー女子での南北合同チーム編成を北朝鮮に提案したことを明らかにしていた。 (2018/01/13-18:26) 関連ニュース






コメントを残す