東京新聞:野田総務相、長男と比出張 「女性の働き方 多様化に一石 … – 東京新聞

Home » 01経営戦略・事業戦略 » 東京新聞:野田総務相、長男と比出張 「女性の働き方 多様化に一石 … – 東京新聞
01経営戦略・事業戦略, 見える化 コメントはまだありません



 野田聖子総務相は十二日の閣議後の記者会見で、九〜十一日のフィリピン出張に夫と障害のある長男を同行させたことを明らかにした。出張中の公務に影響はなかったと強調した上で「女性の働き方の多様化に向け、一石を投ずることができれば」と話した。

 野田氏は「子どもを抱えた女性が、子どもを置いたまま長期の出張に出ることは事実上不可能」と指摘。「仕事ができる女性たちがそれゆえ貢献できないことはわが国にとって損失だ。私の役割は(働き方の多様化を)見える化、できる化させて、道を開いていくことだ」と強調した。

 野田氏は長男に重度の障害があり、夜間も夫と交代で人工呼吸器の調整などが必要なため、夫と長男を出張に帯同させた。「公私の別はしっかり確保する」として、夫と長男の渡航費と自身を含む三人の宿泊費は自費で負担すると説明していた。

 フィリピン出張は情報通信分野の連携強化が目的で、ドゥテルテ大統領らと会談した。 (坂田奈央)

この記事を印刷する






コメントを残す