6億台のPCで使える「Cortana」がAIアシスタント競争に苦戦する理由 – BIGLOBEニュース

Home » 03マーケティング » 6億台のPCで使える「Cortana」がAIアシスタント競争に苦戦する理由 – BIGLOBEニュース
03マーケティング, CRM コメントはまだありません



CES 2018ではAlexa対応のWindows PCが登場。写真はHPの小型デスクトップPC「HP Pavilion Wave」

写真を拡大

 2017年に日本上陸を果たしたAmazon.comのAIアシスタント「Alexa」と、それに対応したスマートスピーカーの「Amazon Echo」が世界的に注目を集めている。
 毎年1月には米ラスベガスで世界最大規模のテクノロジートレードショー「CES」が開催されるが、2017年のCES 2017に続き、2018年のCES 2018でもAlexa旋風を巻き起こした。
 これに対抗するGoogleもCES 2018で大規模なプロモーションを展開し、同社のAIアシスタントである「Googleアシスタント」のアピールを繰り広げた。純正スマートスピーカー「Google Home」以外にもGoogleアシスタント対応デバイスを増やし、家電製品の「制御ハブ」としてのポジション確立に躍起だ。
 Googleは、Amazon Alexa対応のタッチディスプレイ搭載デバイス「Amazon Echo Show」に対抗すべく、Googleアシスタント対応のタッチディスプレイ搭載デバイス「Smart Display」を発表。2018年内に、JBL、Lenovo、LG Electronics、ソニーがこのSmart Display製品を発表する見込みだ。
 こうした中、Alexaは新たな対応デバイスとして、Windows PCを積極的に加えていこうとしている。CES 2017ではAlexa導入の対象となるデバイスが白物などの家電中心だったが、CES 2018はその波がPCの世界にも広がってきたのだ。
 MicrosoftはAIアシスタント「Cortana」をWindows 10の標準機能として搭載しているが、それとは別にAlexaをPCに追加するとは、どういうことなのだろうか。

●CES 2018でAlexa対応Windows PCが続々と登場

 Alexa対応PCの口火を切ったのは台湾Acerだ。「Aspire」「Spin」「Switch」「Swift」といったノートPCやオールインワンPCの一部モデルをAlexaに標準対応させると発表した。対応PC自体は2018年の第1四半期に出荷されるが、実際にAlexaの機能を使うには、同年半ばに提供予定のアップデートを適用する必要がある。
 対応PCは音声認識用のDSPにIntel Smart Sound Technologyを採用し、Far-Field(2.74m)の距離で認識可能な4対のマイクを内蔵するなど、音声入力の処理を大幅に強化しているのが特徴だ。
 これにより、スリープ状態での音声による呼び出しや、PCから離れた状態でのAlexaの利用が可能といったメリットが得られることが、従来のPC向けアシスタントと異なる。
 また、ASUS、HP、LenovoといったメーカーもAlexa対応製品を発表しており、2018年前半(恐らくは第2四半期)には北米を皮切りに、世界各地に順次市場投入していくことになる。
 単純なソフトウェアでの対応だけでなく、前述のマイク機構の強化や、Alexa専用のLEDインジケーターを搭載するPCもあるなど、ハードウェアレベルでAlexa対応を意識しているのが大きい。

●AlexaとCortanaの連携はいつ実現するのか

 さて、こうした話を聞いて疑問に思った方もいるかもしれない。AmazonとMicrosoftは2017年8月末に提携を発表し、両社が擁するAIアシスタントのAlexaとCortanaの相互乗り入れで合意している。
 例えばAmazon EchoなどAlexa対応デバイスでCortanaを呼び出せば、Cortanaの機能が利用可能になる。逆に、Cortana対応のWindows 10デバイスでAlexaを呼び出せば、Alexaの各種スキルを利用できるというわけだ。
 AlexaはAmazon Echoだけでなく家電への導入も進む一方、Cortanaは搭載デバイスがWindows 10 PC限定ながらも世界に約6億台の稼働デバイスが存在する。そのため、互いの世界を広げる上でベストマッチの組み合わせとみられていた。
 しかし、この連携機能の提供は予定より遅れている。発表当初は2017年内に利用可能になるはずだったが、既にそのデッドラインを過ぎたにもかかわらず、両社から提供時期の変更などの発表はない。
 そして、年明け早々にCES 2018でのAlexa搭載PC発表ラッシュだ。この1月に発表されたということは、製品の開発自体はAmazonとMicrosoftのAIアシスタント連携予定が明らかになった2017年の夏前にスタートしたと考えてよいだろう。
 つまり、本来は「AIアシスタント連携」が利用可能になるのが先で、それを追う形で「Alexa自体に対応したPC」が発表されるはずだったのが、順序が入れ替わってしまったことになる。
 AIアシスタント連携では、Windows 10 PCからAlexaを呼び出す場合に、いったんCortanaを起動してからAlexaへと切り替える必要があり、その点で面倒かもしれない。従って、PC本体でAlexaの標準対応が進んでしまうと、あえてCortana連携機能を使う必要がなくなってしまう可能性もある。

●スマートスピーカーで出遅れたMicrosoft

 スマートスピーカー市場において、MicrosoftがAmazonやGoogleより遅れていることは否めない。
 Microsoftは2016年にはWindows 10 IoTを使ったCortanaの組み込み機器への搭載を目指して準備を進めてきた。しかし、2017年10月にようやくHarman Kardonとの提携によるCortana対応スマートスピーカー「Invoke」を米国で発売できたという段階だ。
 今後はAmazon Echo Show(やGoogleのSmart Display)に対抗するため、Cortana対応ディスプレイ搭載デバイスを製品化する計画もあるとうわさされるが、AIアシスタントにおける横の広がりという意味では、まだスタート地点にさえ立てていないと言える。

●音楽というキーピースを失ったCortana

 Cortanaの不安材料はそれだけではない。
 現状のスマートスピーカーの用途は「音楽ストリーミング」に依存する部分が大きい。個人差はあるにせよ、現状で「音楽」という要素がスマートスピーカーとは切っても切れない関係にあると考えている。
 しかし、Cortanaは音楽について幾つかの重要なピースが抜け落ちており、コンシューマー向けのAIフロントエンドを語る上でライバルの後じんを拝している。
 かつてMicrosoftは「Zune Music」や「Xbox Music」の名称で音楽ダウンロードサービスを提供し、これらを後に「Groove」ブランドに統合してWindows 10プラットフォームの音楽ストリーミングサービスとしたが、Grooveも2017年末でサービスを終了している。
 Microsoftが代替サービスとして指定したのは、Grooveの終了に合わせて提携を発表した「Spotify」だ。
 米Neowinによれば、Windows Insider ProgramのFast Ringユーザー向けに提供されているWindows 10 Insider Previewの「Build 17063」において、CortanaからSpotifyの制御が可能なコマンドが確認されているという。
 順当にいけば、このコマンドが一般に開放されるのはWindows 10の次期大型アップデート「Redstone 4(RS4)」が配信される2018年4月以降になるとみられる。
 このように、競合他社が独自の音楽やコンテンツの配信プラットフォームを擁しているにもかかわらず、Microsoft自身はコンテンツを持たない状況にある。
 実は、これに呼応する形でCortanaが失ったもう1つの機能が「音楽認識」だ。Cortana開発チームの1人であるジェイソン・ディーキンス氏の1月3日のTwitterへの投稿によれば、Groove Musicの終了に合わせてCortanaの音楽認識機能の提供も終了したという。
 これは、ラジオや周囲の音楽をCortanaが聴くことで何の曲かを認識し、適切な楽曲情報へとユーザーを誘導する仕組みだ。購買行動や宣伝にも結び付く導線として、オンラインストアでは非常に注目されている仕組みでもある。
 しかも悪いことに、Windows 10では同じ音楽認識機能を提供する「Shazam」アプリがWindowsストアから2017年初頭に削除された他、このShazam自身も2017年末にAppleが買収している。
 ShazamはAndroidとiOS向けにアプリを提供しているが、Appleは買収したサービスを終了して自社向け専用の付加機能とすることがほとんどのため、実質的にMicrosoftは音楽認識機能を求める場合、Shazam以外のソリューションが必要だ。Shazamはこの分野では最大手であり、音楽という重要な導線をMicrosoftは失ってしまった。
 Appleはスマートスピーカー製品自体の投入ではMicrosoftよりさらに遅れているものの、iPhone標準アシスタントとして広く普及している「Siri」に加えて、音楽ストリーミングや音楽認識といったMicrosoftが失ったものを有している。

●CortanaとDynamics 365の連携は断念

 Cortanaの機能縮小でもう1つ話題となっているのが、ERP(統合基幹業務)とCRM(顧客情報管理)を統合したクラウド型業務アプリケーション「Microsoft Dynamics 365」との連携断念だ。
 この連携機能はプレビュー版として提供されていたが、MicrosoftのDynamics 365 Team blogは1月5日の投稿で、最終的に機能連携の提供を断念したと伝えている。
 米MSPoweruserによれば、既に削除されたDynamics 365の機能提供ロードマップの説明書きには、営業のアクティビティーやアカウントの情報などを統合することで最適な人材を抽出する機能など、AIアシスタントとしてのCortanaの機能を大幅に強化する仕組みの開発が進められていたようだ。
 米ZDNetのメアリー・ジョー・フォリー氏は関係者の話として、「Dynamics 365とCortanaでコンタクト情報の連携が行えなかったこと」「CortanaがActive Directoryと連携できなかったこと」などを挙げており、コンシューマー志向のCortanaとエンタープライズ向けソリューションの間にある溝の深さをあらためて浮き彫りにした。
 AIアシスタントとしてのCortanaは、コンシューマー向けとしてもエンタープライズ向けとしても秀でることができず、どっちつかずの状態にあるのが弱みかもしれない。
 コンシューマーでは搭載デバイスや機能連携が鍵となるが、現状ではAlexaやGoogleアシスタントの方がリードしている。さらに、エンタープライズでの現状がジョー・フォリー氏の指摘する通りであれば、恐らくCortanaをMicrosoft全体のクラウド戦略の中心に据えるのは難しい。
 実際、最近のMicrosoftはフロントエンドよりもAzureやOffice 365といった、どちらかと言えばバックエンドに近い部分を重視する傾向が強い。Windows 10 PCの枠組みを超えたCortanaの展開が弱いのは、こうした同社の戦略を反映したものと思える。

●クラウドでの存在感は発揮するMicrosoft

 実際、こうしたAIアシスタントと組み込みデバイスを掛け合わせた世界において、Microsoftはバックエンドに近いクラウドの部分で存在感を発揮している。
 例えば、米KohlerがCES 2018で発表した「KOHLER Konnect」というスマートホームシステムがある。これは、キッチンの蛇口やバスルームのシャワー、洗面所のライトまで、同シリーズに属するさまざまな家庭用品をAlexa経由の音声の他、モーションコントロールを使い、ハンズフリーで自由に制御できるというものだ。
 お湯の温度なども含め、各種設定情報はあらかじめモバイルアプリを通して登録可能だ。これらの情報を統括しているのはクラウド上に存在するKOHLER Konnectのサービスだが、その実態はMicrosoft Azureであり、Microsoftのクラウドを用いることでプラットフォーム化を実現している。
 つまり、CortanaというAIアシスタントのフロントエンドこそ利用しないものの、システムの根幹を支えるのはMicrosoftの技術というわけだ。

●2018年はPC以外のCortana対応デバイスを増やせるのか

 CES 2018では少ないながらも、ようやくWindows 10 IoTを搭載したCortana対応デバイスの新製品が登場した。
 Johnson Controls(JCI)が開発した「GLAS」という室温計で、有機ELのタッチディスプレイとCortanaによる音声操作に対応する。JCIはアイルランドのコークを拠点とする、創業から100年以上の歴史ある企業だ。世界初となる電気室温計を発明したことで知られている。
 GLASはウォールマウント型のボディーに半透明の透過型ディスプレイを搭載しており、インテリアとしても周囲と調和しやすいデザインが特徴だ。音声操作だけでなく、アプリを通じた操作も可能で、リモートで制御しやすくなっている。
 ただし、GLASは2018年3月に予約受け付けを開始するものの、現状でアプリの提供予定があるのはAndroidとiOSのプラットフォーム向けだけだ。Windows 10はまだその対象に入っていない。
 このようなCortanaに対する懸念が強まった影響か、米Microsoftは1月9日(現地時間)にWindows公式ブログで最新の取り組みについて説明した。
 JCIのGLASがCortana Devices SDKを使って比較的容易に開発されたことに加えて、Allwinner、Synaptics、TONLY、Qualcommといったパートナー企業がデバイスの開発やレファレンスデザインの提供を進めているという。
 しかし、MicrosoftがWindows 10 IoTを長らくアピールしてきたにもかかわらず、CES 2018でCortanaのフロントエンドとしての採用例がほとんど出てこなかったのは残念だ。
 デバイスへのフロントエンドの組み込みでMicrosoftのCortanaが出遅れているのは間違いなく、これをキャッチアップするのが2018年の課題となりそうだ。
[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]






コメントを残す