豊田通商、高精度衛星測位のマゼランシステムズジャパン社に出資 – MOTOR CARS

Home » 09情報技術(IT) » 豊田通商、高精度衛星測位のマゼランシステムズジャパン社に出資 – MOTOR CARS
09情報技術(IT), ITS コメントはまだありません



「みちびき」を活用した高精度衛星測位ビジネス市場の開拓で協業へ

豊田通商株式会社(本社:愛知県名古屋市、取締役社長:加留部 淳)は2018年01月25日、高精度測位技術を活用した事業領域に於ける協業を目的に、センチメートル級の衛星測位技術を持つマゼランシステムズジャパン株式会社へ出資した。

日本版GPSといわれる準天頂衛星システム(QZSS)「みちびき」は、4号機打ち上げにより2018年4月から4機体制の本格運用が開始されます。高精度な衛星測位が可能となり、産業用、民生用共に高精度測位の需要が拡大することが期待されている。

マゼラン社は、この「みちびき」を活用した高精度単独測位受信機を世界で初めて開発・販売した企業であり、この分野でのリーディングカンパニーとして市場から高く評価されている。

上記を踏まえ豊田通商は、自社の社内ファンド「ネクストテクノロジーファンド」案件として同社へ出資。これを通じてマゼラン社の高精度測位技術を自動車および農機・建機の自動運転システム向けにグローバル展開していくと共に、その技術を活用した様々なサービスを創出し、「高精度衛星測位ビジネス」という新しい市場を拡大していくことを狙う。

具体的なサービスとしては、車線単位の渋滞情報配信や、車対車の相互通信を行うV2X(※1)などの高度ITSサービス、ドローンや自走ロボットを活用した宅配などの無人化サービス、農機・建機の自動化によるスマート農業や、建設業界に於ける測位・計測サービスであるi-Construction(※2)向け事業等の検討重ねていく構え。

(※1)V2X(Vehicle to Everything、車車間・路車間通信):
自動車と他の自動車の間(V2V:Vehicle to Vehicle、車車間)、あるいは自動車と信号機や道路標識などのインフラ(V2I:Vehicle to Infrastructure、路車間)がクラウドを通さずに直接に相互通信することによって、自動車事故や渋滞を低減することを目的とした無線通信システム。

(※2)i-Construction :
建設現場の生産性向上に向けて、測量・設計から、施工、さらに管理にいたる全プロセスにおいて、情報化を前提とした新基準。

豊田通商では同取り組みについて「これらの取り組みを通して、安心安全で経済的な道路交通社会の実現や高齢化・労働者不足が深刻な課題となっている農業・建設業における省力・軽労化といった社会課題の解決に貢献してまいります」と結んでいる。

マゼラン社概要は以下の通り
会社名:マゼランシステムズジャパン株式会社
所在地:兵庫県尼崎市
設立年:1993年7月(創業:1987年2月)
代表者:代表取締役 岸本 信弘
事業概要:超高感度・高精度衛星システムに関する研究・開発とライセンシング、およびGNSS関連アプリケーションに関するソフトウエア並びにハードウエアの保有






コメントを残す