博報堂、ベトナム本社の統合マーケティング事業会社を買収 – M&Aタイムス

Home » 03マーケティング » 博報堂、ベトナム本社の統合マーケティング事業会社を買収 – M&Aタイムス
03マーケティング, IMC コメントはまだありません



3

広告国内2位の博報堂DYホールディングス【2433】傘下の博報堂は、ベトナムに本社を置き、ミャンマーにも展開する独立系大手統合マーケティング&コミュニケーションエージェンシーグループ「Square Communications Joint Stock Company」(以下、Square Communications社)の株式の過半を取得したと発表した。

Square Communications社は、2005年に4人の創業者によって設立され、現在ではイベント実施・制作、展示会、インテリア制作、エンゲージメントマーケティング、ダイレクトマーケティング、PRコミュニケーション、デジタルコミュニケーションなどの領域において、高品質な統合マーケティングコミュニケーション(IMC: Integrated Marketing Communications)サービスを提供している。同社は7社の専門子会社を傘下に置き、その優れたサービスでクライアントと社会から信頼され、事業を拡大させている。

経済成長著しいベトナム市場において、統合マーケティング事業は今後拡大が見込める領域。今回、Square Communications社が博報堂グループの一員になることにより、インドシナ地域における統合マーケティングの各領域の対応力及び提供体制が拡充され、日系クライアントに加え、グローバル、ローカルのクライアントに提供するサービスレベルの向上にこれまで以上に努めていく。日本国内において総合制作事業を展開している博報堂グループの「博報堂プロダクツ」からも専門スタッフを派遣して各種ナレッジ・ノウハウ・テクノロジーを共有し、博報堂グループの既存事業の更なる強化とインドシナ事業全体の成長と拡大を図っていく。

共同経営者で同社会長のVo Thanh Trung(チュン)氏のコメント
「私たちは2年近く話し合いを重ね、博報堂グループの一員となることを決定いたしました。そして、当社創業者が打ち出した発展的方向性を尊重し信頼してくれる戦略的パートナーを得ることができました。私たちは、ベトナムその他のインドシナ半島諸国におけるクライアントの新しい課題に適切かつ効果的なソリューションを提供するため、博報堂の生活者データ・マネジメントと革新的なテクノロジー開発力を積極的に活用して可能性を広げてまいります」

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加0
  • feedy






コメントを残す