「楽天は良いパートナーと考えていた」 NTT鵜浦社長 – 日本経済新聞

Home » 01経営戦略・事業戦略 » 「楽天は良いパートナーと考えていた」 NTT鵜浦社長 – 日本経済新聞
01経営戦略・事業戦略, 社会的企業 コメントはまだありません



日経クロステック

 NTTの鵜浦博夫社長は2017年4~12月期決算説明会で楽天の携帯電話事業参入に対する見解を問われ、「EC(電子商取引)分野のトランスフォーメーションをお手伝いできる良いパートナーと考えていたが、自前でやるということであれば別のパートナーを考えていく必要があるとも考えている」と話した。「詳細が分からないので一方的なコメントは控えたい」と前置きしての発言だが、不快感を示した格好だ。

 NTTグループは様々なパートナー企業との協業を通じて、新たな価値創出や社会的課題の解決につなげる「B2B2Xモデルの推進」を掲げている。NTTドコモにおける仮想移動体通信事業者(MVNO)への回線提供も同方針に基づき、積極的に推進している。楽天がMVNOの立場であれば「良いパートナー」だが、自ら携帯電話事業に参入するならば「話は別」ということだ。

 もっとも、「ローミングの申し込みを受けたわけではなく、新しい周波数の割り当ても決まっていない」といい、「観測に基づく記事は控えていただきたい」と報道陣に苦言を呈した。ローミングについては「申し出があれば協議を断る理由もないが、固定分野と違って義務でもない。ビジネスとしてしっかり協議、交渉していくことになる」とした。

(日経 xTECH 榊原康)

[日経 xTECH 2018年2月9日掲載]






コメントを残す