初来日! イスラーム発祥の地「サウジアラビア」の絢爛たる「至宝」 – 新潮社 フォーサイト

Home » 04研究開発・生産・物流 » 初来日! イスラーム発祥の地「サウジアラビア」の絢爛たる「至宝」 – 新潮社 フォーサイト
04研究開発・生産・物流, 三現主義 コメントはまだありません



移牧民や遊牧民が墓や祭祀施設に立てた『人形石柱』。こうした石柱・石板などはアラビア半島各地に残っている  前3500~前2500年頃 カルヤト・アルファーウ出土 サウジアラビア国立博物館蔵


 アラビア半島は、古代から重要な交易路が張り巡らされ、諸文明が繁栄してきた。このアラビア半島の大部分を占めるサウジアラビア王国は、アラビア語で「サウード(家)によるアラブ(の王国)」という意味を持つ専制君主国。マッカ(メッカ)とマディーナ(メディナ)というイスラーム教の2大聖地を擁するイスラーム世界の中心的存在だ。


 サウジアラビアは1972年、国内の考古学の重要性を考慮し、現「サウジアラビア国家遺産観光庁」(長官はスルターン・ビン・サルマーン王子)の前身となる「サウジアラビア考古最高評議会」を設置。その40年あまりの考古学的調査、発掘活動で発見された考古遺跡は、1万カ所を超えるという。


 1月23日から東京国立博物館で開催されている『アラビアの道―サウジアラビア王国の至宝』では、サウジアラビア国内の博物館の収蔵品から選ばれた400件以上のまさに「至宝」と言える貴重な文化財が、日本で初めて公開される。前期旧石器時代に加工されたアジア最古級の石器をはじめ、約5000年前に砂漠に立てられた『人形石柱』、ヘレニズム時代、ローマ時代に栄えた古代都市の出土品、イスラームの聖地マッカの『カァバ神殿の扉』、サウジアラビア初代国王の遺品など旧石器時代から現代まで、数千年にわたるサウジアラビアの躍動の歴史と文化を今に伝えている。


90センチの裸身


 人類がアラビア半島に移住したのは、100万年以上前のことだという。サウジアラビアの旧石器は、アフリカで生まれた人類がユーラシア大陸へ歩み始めた、その足跡をたどる貴重な資料でもある。また近年、南部のマカルで発見された遺跡から動物を象(かたど)った多数の石像が掘り出され、その中には首に紐を思わせる線がある「馬」のような石彫があり、この「馬」が歴史を覆すのではと注目を集めたことがあった。と言うのも、これまでは馬がアジアで家畜化されたのは紀元前3000年頃からだと考えられてきたが、この石彫は紀元前6500年頃のもの。今後の調査が待たれる「大発見」となる可能性を秘めているのだ。


『祈る男』 前2900~前2600年頃 タールート島出土 サウジアラビア国立博物館蔵


 そんなアラビア半島が歴史文書に初めて登場したのは、今から4500年前の紀元前2500年頃。メソポタミア(現イラク)ではすでに大きな都市が生まれ始めていたが、そこで出土した粘土板文書に、アラビア湾(ペルシャ湾)沿岸の地域が「ディルムン」と呼ばれていたことが記載されていた。ここは、インダス文明とメソポタミア文明を結ぶ中継地点として繁栄していたことがわかっている。


 「タールート島という当時の貿易拠点から出土した『祈る男』に、活発に交流する文化の片鱗が見えます」というのは、東京国立博物館の小野塚拓造東洋室研究員。


 「スキンヘッドのどんぐり眼の人物が胸の前で手を重ねるポーズは、メソポタミアの都市シュメールで見られる様式です。ただシュメール様式の像は30センチほどと小さく、長いローブ(上着)を羽織っていますが、これは94センチもあって、裸身。異質な感じを受けます。このことからメソポタミアの影響を受けながらも、独自の人物像に発展していったことがわかります。


 もう1つの見どころは、文様が刻まれた緑泥岩の容器。絡み合う2匹の蛇やナツメヤシなどの文様は豊かさの象徴でした。現在のイランで生産され、それをディルムンの商人が輸入。そしてメソポタミアの都市社会の支配者層に輸出していました」


2匹の蛇が絡み合う様が刻まれた『石製容器』 前2500~前2000年頃 サウジアラビア国立博物館蔵


 紀元前1000年まで時代が下ると、アラビア半島ではヒトコブラクダが家畜化し、荷駄として利用されるようになった。そのため、陸路での長距離交易が可能になり、内陸部のオアシスを結ぶ「隊商の道」が発展し始めたという。


 「アラビア半島の南部の山で採れる乳香(にゅうこう)、没薬(もつやく)などの香料は、宗教儀式に使う薫香として、また殺菌作用のある没薬は防腐剤としてもメソポタミアやエジプト、地中海世界で珍重され、金と同じ価値を持つようになりました」


 この香料による隊商交易で、紅海に平行して伸びるナジュラーン、ヤスリブ(マディーナ)、ダーダーン(ウラー)、タイマーを結ぶ交易路が発達。半島を横断して東へ延びるルートも開かれ、その途上にあるカルヤト・アルファーウもまた目覚ましい繁栄を見せた。


『柱の台座あるいは祭壇』 前5~前4世紀 タイマー出土 サウジアラビア国立博物館蔵


 「北アラビアのオアシス都市タイマーは、南アラビア、エジプト、メソポタミアを結ぶ十字路として、各地の王から注目されていました。新バビロニアがエジプトとの戦いに勝利すると、北西アラビアへの影響を強め、最後の王ナボニドス(在位前556~前539年)は香料交易から出る富を押さえるために、当時世界の中心だったバビロンを離れ、前553年から10年間、タイマーに滞在します。ナボニドスのタイマー逗留は、その後の北西アラビアの文化に多大な影響を与えました。この当時の出土品『柱の台座または祭壇』は、神官が儀式をしている場面ですが、羽が生えた日輪や星にはメソポタミアの、下部に描かれた聖牛アピスに似た牛と神官にはエジプトの宗教的モチーフが見られます。様々な地域の図像が混じりあっていたのです」


エジプトとヘレニズムの習合神


 交易都市カルヤト・アルファーウはサウジアラビアの首都リヤドから南西に700キロ、半島南部を占める広大なルブゥ・アルハーリー砂漠の端に位置する。1970年代から発掘調査が行われ、住居や市場、道路、墓地、神殿など多くの遺跡が発見された。東京国立博物館の白井克也考古室長は、「国際色豊かな都市だった」と話す。


 「ここでは青銅でできたギリシャ神話の英雄ヘラクレスや狩猟の女神アルテミス、エジプトのホルス神の子ども時代の姿がギリシャ化したハルポクラテス、エジプトの女神イシスとヘレニズム世界の女神テュケーが習合したイシス=テュケーなどが出土されています。異なる文化の神が交じり合っていて、文化交流が盛んだったのでしょう。豊かな家を飾っていたと見られるフレスコ画にもその影響が見られ、ギリシャのお酒の神ディオニュソスの背後に葡萄が描かれている『饗宴』からは、交易によって外来の文化を取り入れていたことがわかります。アラビア半島で葡萄は育ちにくく、ワインは輸入品でした。そのワイン用に使っていたと見られる杓子と器は、銀製で金メッキがほどこされていて大変贅沢なものでした。


『葬送用マスク』 1世紀頃 テル・アッザーイル出土 サウジアラビア国立博物館蔵


 カルヤト・アルファーウが栄えていたのと同じ頃、アラビア湾岸の海上交易で栄えたテル・アッザーイルからは、葬送用の黄金のマスクが出土しています。1世紀頃のもので、6歳前後の少女が金のマスクや手袋、ネックレスなどの装飾品を身に着けてお墓に葬られていました。葬送用ベッドの脚にも、女性の姿が彫刻され、非常に裕福な生活を送っていたようです」


 隊商都市の1つ北西アラビアのウラーもまた、ナボニドスが滞在した都市だが、ここを拠点に前6世紀にはダーダーン王国、前4世紀末にはリフヤーン王国が成立している。この辺りを中心に交易活動を行っていたナバテア人は、前168年にナバテア王国を建国。隊商都市を次々と掌握するも、106年、ローマ帝国によって滅ぼされている。


預言者ムハンマドの登場


 アラビア半島に大きな「変化」が起こるのは、7世紀前半。預言者ムハンマド・イブン=アブドゥッラーフ(570頃~632年)によって、「イスラーム教」が始まったのである。マッカのカァバ神殿には、イスラーム教が広まる以前から諸部族の偶像神が祀られ、それを目当てに各地から様々な部族が巡礼を行っていた。そのため、マッカは農業には向かない岩がちな土地でありながら、交易、宗教の拠点として重要な役割を果たしていた。そこに根付いた「イスラーム」について、イスラーム文化の研究者である徳永里砂さん(アラブ イスラーム学院、金沢大学国際文化資源研究センター客員教授)が説明する。


 「マッカは商業が中心だったため、拝金主義的な傾向がありました。有力な部族、大商人だけが社会の上位に立つことができるという、弱者が虐げられる社会でもありました。そこで商人であったムハンマドがたった1人で、弱者救済と一神教のメッセージを携え、新たな教えを人々に伝えようとしました。これがイスラームの始まりです。もちろん、マッカの有力者には受け入れられず、ムハンマドは622年、拠点をマディーナに移しました。そこで初めてイスラームの共同体ができ、後にはとうとうマッカを無血開城するに至ります。瞬く間にイスラームはアラビア半島全域に広まり、半島の情勢は大きく変わることになりました」


 イスラームはウマイヤ朝時代には東は中央アジア、西は北アフリカ、イベリア半島まで勢力を広げた。さらに半島各地にあった巡礼地がマッカに集約されたため、巡礼月にはあらゆる地域から膨大な数の巡礼者を受け容れることになる。それ以降、歴代のカリフ(最高権威者)たちは巡礼路の整備に力を注がなければならなくなった。


 「マッカ巡礼はイスラーム教徒の5つの義務の1つ。巡礼月以外にもいつでも行うことができる『ウムラ』という小巡礼もありました。マッカの北にあるマディーナも2大聖地の1つです。


 巡礼路には里程標が設置されるようになりましたが、『クーファ(アッバース朝の首都)からマッカへの里程標』には、これがバリード里程標であったことが示されています。『バリード』というのは、ウマイヤ朝の頃にできた公的な通信システムのことで、宿駅(ステーション)を作り、そのステーションからステーションへ情報を伝達するようにしていました。これが『郵便』の始まりだという人もいますが、一般人が手紙を送るためのものではありません。しかし、現在のアラビア語で『バリード』は郵便を意味しています。この里程標には加えて、『クーファから62バリード』と書かれていますが、これはクーファからおよそ1240キロという距離にあったことを示しています」(徳永さん)


高度な書の芸術


 巡礼路上には、新たに発展を見せる都市があった。そのうちの1つ、ラバザはクーファとマッカを結ぶ巡礼路「ダルブ・ズバイダ」上、最大の都市である。


 「『千夜一夜物語』に登場するハールーン・アッラシード(アッバース朝第5代カリフ。在位786~809年)の妃ズバイダ・ビント・ジャアファルが莫大な財を投下して、巡礼者のための給水設備を整備したことから、『ダルブ・ズバイダ(ズバイダ妃の道)』と名付けられました。ここからは様々な遺物が出土していますが、見逃せないのはイスラム陶器。アッバース朝の交易先は中国にまで達しました。中国陶器が輸入された同じ時期、イスラム陶器もまた化学技術が進歩して、釉薬を使った器が作られるようになっています。特に銀や銅の酸化物で模様を付けるラスター彩が好まれ、中国や日本の染付にそっくりな器もあります。『銘文入鉢』の底に描かれた文字はアラビア語で『バラカ』。『福』という意味です。日本でもよく見かけますね」(同)


『カァバ神殿の扉』 オスマン朝時代・16~17世紀 サウジアラビア国立博物館蔵


 加えて、ぜひともご覧いただきたいのが、マッカの墓地から発掘されている墓石の数々だ。本展覧会では10種類の文字が展示されているが、文字とは思えないほど装飾が美しい。イスラーム時代以降、アラビア文字はイスラーム共同体の公式な文字となり、第3代カリフ・ウスマーン(在位644~656年)の時代に聖典クルアーン(コーラン)が編成されて、文字の使用が一般にまで浸透した。偶像崇拝を禁じていただけに、造形美術に代わって神の言葉クルアーンの章句を美しく書くための、高度な書の芸術が発展したという。


 「初期のクルアーンで用いられたクーファ書体が発展していき、特に女性の墓碑で見られるように、草花が文字を装飾し文字の一部になっていきます。クーファ書体には基本的に『点』がついておらず、『アブドゥッラーの息子ユースフの墓碑』から後は文字の発音区別符号や母音符号を使用し、はっきりと現代に通じる書体に変化していきます」


 アッバース朝滅亡以降、マッカとマディーナはムハンマドの子孫の家系が世襲で統治する自治都市となったが、膨大な巡礼者を賄うことができず、イスラーム世界のもっとも有力な統治者が2大聖都の整備と巡礼者へ物資の供給を行うようになる。現在はサウジアラビア国王が「二聖モスクの守護者」として、最高責任者を務めている。


 出展されている『カァバ神殿の扉』は、オスマン朝スルターン・ムラト4世(在位1623~1640年)が実際に設置したもの。少なくとも1930年代まで使われ続けたが、本来なら近くで見ることすらかなわない。高さ3メートルを超える荘厳な扉を前にすると、威圧感さえ覚えるほどだ。


 旧石器時代から現代に至るサウジアラビアの「遺物」は、世界の人々が行き交う土地で熟成された「多様性」がある。他では見ることのできない絢爛たる美しさには、誰もが目を奪われるに違いない。




アラビアの道―サウジアラビア王国の至宝


会期:3月18日(日)まで 


会場東京国立博物館 表慶館


観覧料:一般/620円、大学生/410円、高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料


休館日:月曜日 ※ただし2月12日(月・休)は開館、2月13日(火)は休館


開館時間:9:30~17:00 ※毎週金・土曜日は21:00まで ※入館は閉館の30分前まで






この記事は役に立ちましたか?

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。

この記事をSNSにシェアする



コメントを残す