スマートバリューは構造改革や事業譲受の上乗せもあり営業利益3.3倍などと急拡大 – 財経新聞

Home » 07事業再・M&A » スマートバリューは構造改革や事業譲受の上乗せもあり営業利益3.3倍などと急拡大 – 財経新聞
07事業再・M&A, 事業譲渡/営業譲渡 コメントはまだありません



■従業員の健康管理支援サービス事業を譲り受け本格展開へ


 スマートバリュー<9417>(JQS)は15日の後場1500円(27円高)で始まり、朝から反発したまま出来高も増勢となっている。14日に発表した2018年6月期の第2四半期決算(17年7~12月累計)が好調で、構造改革や事業譲受の上乗せも加わった結果、営業利益は1億700万円(前年同期実績の3.3倍)となり、純利益は1億7400万円(同8.2倍)となった。

 第2四半期累計期間は、自治体向けソリューション向け事業で一部に期ずれ案件が発生したものの、全体的には好調に推移した。事業構造改革の一環として、データセンター事業の戦略の見直しを行い、データセンターファシリティを譲渡。この譲渡による固定資産売却益約3億4300万円を特別利益に計上した。また、近年、企業におけるウェルネス経営の重要性が高まっていることに対応し、マーソ株式会社が運営する「法人企業向け従業員健康管理支援サービス事業」を譲り受けた。

 6月通期の業績見通しは据え置き、売上高は72億9700万円(前期比11.6%増)、営業利益は3億6800万円(同34.1%増)、純利益は3億7600万円(同2.1倍)、1株利益は86円71銭(18年1月1日を基準日として1対2の株式分割を実施)。

 同社株は、全体相場が米国発の世界株安を受けて下げた最近の局面でも小幅安にとどまり、60日移動平均などに沿いながら上昇基調を続けている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】

株は世に連れ、世は株に連れ=犬丸正寛の相場格言(2018/01/01)

【特集】戌(いぬ)年相場は4勝1敗、「戌(いぬ)は笑い、亥(い)固まる」でいい年に(2018/01/01)

【注目銘柄】マルゼンは高値圏モミ合いから上放れ、18年2月期予想は増額の可能性(2017/12/31)

【注目銘柄】アドベンチャーは調整一巡して上値試す、18年6月期大幅増収増益予想(2017/12/31)






コメントを残す