個人情報保護法もクリア済み、ドタキャン客の電話番号を飲食店同士で … – INTERNET Watch

Home » 02組織・コーポレートガバナンス » 個人情報保護法もクリア済み、ドタキャン客の電話番号を飲食店同士で … – INTERNET Watch
02組織・コーポレートガバナンス, 個人情報保護 コメントはまだありません



 飲食店で予約をドタキャンした人の電話番号を共有できる「ドタキャン防止システム」なるサービスが登場した。よりデータベースを充実させることを目的に、新たな協力店舗を募集している。

 これは個人飲食店オーナーが集まって運営する「全日本飲食店協会」が提供するもので、過去にドタキャンをされたことのある電話番号をデータベースに登録し、新規の団体予約の電話を受けた際、その場でデータベースと照合することにより、ドタキャンによる被害を未然に減らせるというもの。収集するデータを「電話番号」「ドタキャン日時」「予約人数」のみに限定することで、個人情報保護法に抵触しないよう配慮していることが特徴で、すでに協会役員による試験運用が完了。利用料金を永久無料とすることにより、より多くの店舗に協力してもらい、データベースを構築したいとしている。ちなみに同様のコンセプトを持つ「予約キャンセルデータベース」なるサービスが昨年話題になり、現在もデータは日々追加されているようだが、今回発表されたサービスとの関連性は不明だ。






コメントを残す