次期iPhone Xのノッチはやはり小型化か、リアTrueDepthカメラは2019年版で採用とのウワサ – Engadget 日本版

Home » 04研究開発・生産・物流 » 次期iPhone Xのノッチはやはり小型化か、リアTrueDepthカメラは2019年版で採用とのウワサ – Engadget 日本版
04研究開発・生産・物流, モジュール化 コメントはまだありません



バークレイズのアナリストは、2018年型のiPhone3機種すべてにTrueDepthカメラ、すなわちFace IDシステムが導入されると前置き。その上で全体の設計に「大きな変更」はない一方で、「センサー(TrueDepthカメラ)のサイズ縮小」を予測しています。

前者については、「現世代(iPhone X)モジュール開発の複雑さおよび開発に費やされた年数、過去数ヶ月のサプライヤーのコメントを合わせて」考えてみると、大きな変更は想定できないとのこと。昨年、TrueDepth関連の難航がiPhone Xの生産遅れを招いた「ロミオとジュリエット」の悲劇を、アップルは避けたい意向のようです。

そして後者については「センサーがわずかに進化し、サイズが小さく(つまりノッチが小さく)なり、特異性が向上する」と期待され、これが「非常に力強い成長」を促進するのに役立つだろうと付け加えています。

iPhone Xのノッチは、TrueDepthカメラを収納するスペース。アップルはこれを新感覚のデザインとして前向きに押し出したものの、中国市場では不評でiPhone Xの人気が下降していると伝えられていました。

さらに背面側のTrueDepthカメラ搭載については「熱心に取り組まれている」としながらも、採用は2019年モデルになるとのこと。
こちらに関しても従来からのウワサを強化するもの。2018年モデルでのリア側TrueDepth化を否定するウワサは以前から報じられいたものですが、その際の理由は「安定供給を優先するため」とされていました。

今回のバークレイズ予測では、具体的な開発の困難さについても触れられており「より広い範囲と視野に伴う複雑さ」と「人間の目にとっての安全性を確保するため」といった理由が述べられています。その開発には、18ヶ月はかかるかもしれないとも付記。

アップルはiOS 11でAR(拡張現実)に本格対応し、高精度ARを実現するフレームワーク「ARKit」を提供しつつ、教育やゲームなどの分野での使用例を紹介するWebページも設けています。

本格的なAR対応のためには自撮り用に限られた前面カメラのみならず、周辺環境を大きく取り込めるリアカメラのTrueDepth化が不可欠であることは海外メディアでも指摘されるところ。iPhoneを通じてARの未来が本格的に開けるまでには、もう少し時間がかかるのかもしれません。






コメントを残す