海外株ファンドの1年リターン アジア新興国投資型 上位 – 日本経済新聞

Home » 07事業再・M&A » 海外株ファンドの1年リターン アジア新興国投資型 上位 – 日本経済新聞
07事業再・M&A, 投資ファンド コメントはまだありません



 海外株で運用する投資信託への関心が高まっている。純資産残高が100億円以上の海外株ファンドについて、1月末までの1年間の投資リターンを調べてみると、中国やベトナムなどアジアの新興国の株式で運用する投信が上位に入った。金融とIT(情報技術)を融合したフィンテック関連も健闘している。

 首位は「UBS中国株式ファンド」の68.1%。中国本土と香港上場の中国株を中心に40銘柄程度に絞り込んで投資している…






コメントを残す