【決算】鉄人化計画、今期最終を一転赤字に下方修正 – 株探ニュース

Home » 07事業再・M&A » 【決算】鉄人化計画、今期最終を一転赤字に下方修正 – 株探ニュース
07事業再・M&A, 債務超過 コメントはまだありません



 鉄人化計画 2404> [東証2] が4月16日大引け後(21:00)に決算を発表。18年8月期第2四半期累計(17年9月-18年2月)の連結最終損益は1.3億円の赤字(前年同期は0.8億円の赤字)に赤字幅が拡大した。2四半期連続で債務超過(1.1億円)となった。
 併せて、通期の同損益を従来予想の0.5億円の黒字→3.5億円の赤字(前期は15.8億円の赤字)に下方修正し、一転して赤字見通しとなった。

 会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した3-8月期(下期)の連結最終損益は2.1億円の赤字(前年同期は15億円の赤字)に赤字幅が縮小する計算になる。

 直近3ヵ月の実績である12-2月期(2Q)の連結最終利益は前年同期比28.4%減の0.7億円に減ったが、売上営業利益率は前年同期の9.6%→13.7%に大幅改善した。

株探ニュース



会社側からの【修正の理由】
 当期の経営方針は、(1)カラオケルーム運営事業への注力、(2)新規事業への厳選投資、(3)コーポレートガバナンスの強化であります。今般の長期資金の安定確保により財務体質が改善し、積極的に投資を行う経営環境が整いました。店舗運営力の向上とともに店舗のリニューアルやスクラップアンドビルドを進め、さらに当社独自の鉄人システムへ積極的な投資を行うなど、新しい価値提»続く






コメントを残す